2018年2月9日、スバルとモータースポーツ統括会社のスバルテクニカインターナショナル(STI)は、2018年のモータースポーツ活動について発表した。

写真付きの記事はこちら

■スーパーGT選手権

スーパーGT選手権シリーズのGT300(JAF-GT)クラスには、引き続き「BRZ GT300」で参戦する。チーム総監督はSTIの渋谷真プロジェクトゼネラルマネージャーが務め、チーム運営は「R&D SPORT」(代表:本島伸次、神奈川県平塚市)が担当。ドライバーは2017年に引き続き井口卓人選手と山内英輝選手の2名体制で、チーム体制としては変更ない。

2018年の参戦車両は、水平対向ボクサーエンジンの燃焼効率の改善、空力特性、ブレーキのサイズアップによる熱容量の向上、タイヤ接地効率の改良などを行ない、ポテンシャルを高めている。

■ニュルブルクリンク24時間耐久レース

2008年以来11年連続の参戦となる第46回ニュルブルクリンク24時間耐久レース(ドイツ・プファルツ州アイフェル、5月10日〜13日)に、WRX STIで参戦し、SP3Tクラスで5度目のクラス優勝を目指す。

チーム監督はSTIの辰己英治氏が務め、チーム運営はSTIエンジニアと全国のスバル特約店から選抜されたメカニックが行なうなど、2017年シーズンと同様の体制だ。しかしドライバーのラインアップは、カルロ・ヴァンダム(オランダ)、ティム・シュリック(ドイツ)、山内英輝に加え、新たにスーパーGTドライバーの井口卓人を加えた4名体制で臨む。

写真付きの記事はこちら

2018年の参戦車両は、現行型をベースにしながらも、エンジン出力特性の向上、パドルシフトの継続使用、トランスミッション・ギヤ比の最適化、ダイレクト・マスターシリンダー+ブレーキ大径化など、多くの麺での信頼性向上に主眼を置いた改良を施している。

マシン詳細はこちらで解説している : 2018ニュルWRX STIマシン ストリップ画像 ロスパワーを秘策で戦う

■BRZ ワンメイクレースのユーザーサポート

GAZOOレーシング86/BRZレースが開催される各サーキットにSTIがサービスチームを派遣し、スバルユーザーのサポートを行なう。

2018レースカーから探るSTIの先端技術

スバル 関連情報
STI 公式サイト
スバル 公式サイト