お笑い芸人の平野ノラさんが2月12日、師匠と仰ぐお笑いコンビ「アンガールズ」田中卓志さんが“やっP~ポーズ”をキメた写真をInstagramで公開。絶妙な角度と表情のせいか不気味な仕上がりとなっており、ファンからは悲鳴があがっています。

【画像:フレームを突き抜ける腕】

 やっP~ポーズは、左手を顔の位置に添え、右手を高く突きあげて、膝を少しまげた平野さんオリジナルのもの。平野さんのSNSでは、俳優からモデル、アーティスト、スポーツ選手など、幅広いジャンルの人たちがやっP~ポーズをキメた写真が多数公開されており、じわじわ浸透してきているようです。

 平野さんと複数人で撮った写真が多い中、勇ましく1人でポーズをとる田中さん。以前挑戦した際には、加工を疑ってしまいそうなほど長い腕がフレームに収まらないというハプニングが発生していましたが、今回は、フレームに収まる努力なのか、単純に肩があがらないだけなのか、絶妙な角度で体をくねらせたやっP~ポーズを披露しました。

 すらっとしたスタイルの良さが逆効果だったのか、奇妙な操り人形のようにも見える田中さん。本来のやっP~ポーズを魔改造したニュースタイルにファンは、「ティムバートンの映画に出てきそう」「なんで、こんなに怖いの」「夢に出てきそう」など驚きの声をあげていました。さすが元祖キモカワイイ。

可動域が狭すぎる(画像は平野ノラ公式Instagramから)