連日、世界中から集った選手たちが熱戦を繰り広げている韓国平昌冬季オリンピック

一方、五輪会場とは別のスキー場で2月12日スキーロボットが腕を競い合う「スキーロボットチャレンジ」大会が開かれました。

会場は、平昌からで1時間ほどのところにある横(フェンソン)のウェリヒリパークリゾートで、 韓国内の大学、研究所、民間企業から参加した8チームロボットが集まりました。

ロボットの設計規定は高さが50センチ以上、肘と膝に人間の関節にあたるものがあり、独立した動システムを持っていることが条件。80メートルコース内を、旗を避けながら滑走タイムを競います。

優勝賞は1万ドルです。

Just a few miles away from the #PyeongChangWinterOlympics is another elite level competition. The Ski Robot Challenge. Had our engineers not been busy we might have had a crack at this. #engineering #robotics pic.twitter.com/JsjCe9vqyz

Stage One (@StageOneLtd) 2018年2月11日

i am crying laughing at these 스키로봇 챌린지 pics https://t.co/Ajsrc7e3n7 pic.twitter.com/yXrLuACyke

Dami Lee (@dami_lee) 2018年2月12日

Elon Musk: I launched a Tesla into space

ロボット選手も強風に悩まされる

しかし、記録的な寒さはロボットにも堪えるようで、多くのロボット選手が転倒しました。初めてスキーで滑る子どものように心もとない様子で滑り出したり、順調だったはずがゴールで転倒して止まるロボットも。

Robots skied down a course at the Welli Hilli ski resort, near #Pyeongchang. Eight #robotics teams from universities competed for a $10,000 prize in the Ski Robot Challenge. UAT robotics students should keep this in mind for future #Olympics! https://t.co/VJA3FNqfZQ pic.twitter.com/wqKR17vRr3

Univ Advancing Tech (@UATedu) 2018年2月12日

Elon Musk: I launched a Tesla into space

Skiing robot engineer: Hold my b– *spills beer all over laptop* pic.twitter.com/6OWQC3sIhq
— Andrew Cushing (@aecushing) 2018年2月12日

催者のキム・ドンクさんは、ちょうど平昌冬季オリンピックの時期にロボットスキーレースを開催したことについて、「ロボットオリンピックには出場できないので、同じ時期にレースを行うことにしました。このレースで、韓国ロボット技術をお披露することができました」とっています。

人間と一緒にロボットたちもウインタースポーツを楽しむ未来は、そう先のことではないかもしれません。

ロボットも負けられない?韓国で「ロボットスキー選手権」が開催