画/賀ゆう (C)まいじつ

平昌五輪スキージャンプ女子ノーマルヒル高梨沙羅銅メダルを獲得した。高梨一夜明けた2月13日TBSスポーツ局に努めるの寛大氏とともに、同局の『あさチャン!』に生出演。番組ADでもある寛大氏は自分で椅子を用意し高梨の隣に着席すると、「最高のです」と自慢した。

【関連】高梨沙羅「世界一危険なジャンプ台」への対策は… ほか

高梨にとっても頼りになるのようで「遠征続きで、アットホーム感、家族感がなかったが、が来ると空気も違う物になる」と、平昌五輪では存在感に助けられたことを打ち明けた。

の寛大氏は、この1カくらい『はどんな調子?』と多くの上や同僚が聞いてくるので、仕事にならなかったようです。自分を通じて励してくれるのはいいが、本来の仕事が滞ってしまうと悩まされていたみたいです。しかしが結果を出して“うれしい悲鳴”だと笑い飛ばせるエピソードになったことでしょう」(TBS関係者)

 

銅メダル獲得で「アンチ高梨沙羅」が沈黙!?

「低次元な批判」はなくなる?

インタビュー石井大裕アナから、めて今後の標を聞かれた高梨は「今度こそ、(2022年の)北京五輪)でが取れる器になって戻る」と強く宣言し、寛大氏も石井アナから「そのころ、寛大君もディレクターになって…」とを掛けられ照れ笑いしていた。これに寛大氏は「もう…はい、頑ります」と答えるのがやっとだった。

SNSでは《4年間のスゴい努が伝わっってきたよ。メダルおめでとう!》、《兄弟で励ましあう姿に感動》、《普段の沙羅ちゃんの生活が垣間見えてよかった》、《ある意味が支えた銅メダルだと思う》といったメダル獲得を讃える投稿が集まっている。

ネットでよくたたかれる高梨ですが、原因は《アスリートのくせに化粧するな》とか《背が低いくせにベンツなんか乗るな》といった、本当にくだらない低次元なものばかり。努して結果を出した高梨を称賛するが多く集まるのも当然です」(スポーツ記者

高梨たたきをしていた人々は、そろそろ矛先をかに変えるのだろうか。

 

画/彩賀ゆう