システムソフト・アルファーは、2018年春発売予定のプレイステーション Vita、プレイステーション4用ソフト『現代大戦略2018 ~臨界の天秤!譲らぬ国威と世界大戦~』の製品サイトを公開した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

 ゲームソフトの開発・販売を手がける“システムソフト・アルファー株式会社”(東京都渋谷区、代表取締役社長:高橋征克)は、2018年春に発売予定の「現代大戦略2018~臨界の天秤!譲らぬ国威と世界大戦~」(PlayStation4/PlayStation Vita)の製品サイトを公開したことをお知らせ致します。

 「現代大戦略」シリーズは、一触即発の世界情勢の“IF”を描いた人気ウォーシミュレーションゲームです。 最新の世界情勢や時事問題をテーマにした多数のシナリオと、現在世界中で運用されている最新の兵器が登場し、リアルな現代戦の戦場をプレイヤーは「民間軍事企業(PMC)」の司令官として、世界中の依頼をこなし各地域の紛争に介入します。

 本作では戦闘だけではなく、自軍の活動拠点で様々な施設を利用・発展させる必要があり、自軍部隊を強化していくこととなります。これにより自分だけの最強の軍団を編成し、各地からよせられる援軍・救援ミッションをこなしながら世界中の争いと決着をつけていくことになります。

 さらに「現代大戦略2018」では、北朝鮮の核実験や弾道ミサイル開発、中国の太平洋進出や中東情勢など国家間の対立や内戦で混乱が終わらない紛争地域を舞台にした合計39本のシナリオを収録致します。


【画像1点】「『現代大戦略2018 ~臨界の天秤!譲らぬ国威と世界大戦~』の製品サイトが公開」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

製品紹介
 本作の主な特徴としては、以下の通りです。

1.最新の世界情勢を基に描かれる緊迫の収録シナリオ
本作では緊張の続く、国家間の対立、混乱が終わらない紛争地域など世界中を舞台にしたシナリオを収録。“もし北朝鮮の弾道ミサイルが日本に向けて発射されたら?”“もし中国が尖閣諸島などを占領したら?”など現実となってもおかしくない新しいシナリオを含め、39本ご堪能いただけます。

2.約 700 種類に及ぶ兵器が登場!
 人から兵器に戦場の主役が変わった人類史上最大の戦争となった第二次世界大戦以降も各国は兵器開発を進め、戦車、戦闘機、イージス艦などさらに高度なテクノロジーを搭載した兵器が登場してきました。

 その中でも数々の戦争・紛争に参戦した歴戦の傑作機「F-4ファントム」、撃破不可能と言われた「F-15イーグル」を寄せ付けない第五世代最強のステルス戦闘機「F-22ラプター」といった兵器から、二番艦が就役したばかりの護衛艦「いずも」、近年話題の輸送機「オスプレイ」やVTOL機能を備えたステルス戦闘機「F-35」といった次世代を担う兵器まで約700種類に及ぶ兵器が登場します。


3.システムの強化
 プレイヤーは現代の傭兵「民間軍事会社(PMC)」の司令官として、世界中の依頼をこなし、各地域の紛争に介入します。依頼で得られた報酬を使用し、拠点の強化や兵器の購入や研究、士官の雇用を行い自分だけの軍隊として強化 することができます。購入した兵器や雇用した士官は戦闘を重ねることでレベルが上がって更に成長、戦場では 八面六臂の活躍を見せます!

4.マップ、戦闘シーンを強化!
 新たに書き下ろしたヴィジュアルマップによって、より鮮明で彩のある戦闘マップを表現!従来シリーズのヘックスマップ画面からよりリアルに雰囲気のあるビジュアルに進化を遂げました。戦闘シーンは3Dグラフィックスにより描かれ、「現代大戦略」シリーズ最高峰の臨場感を実現しています。約700種類に及ぶ大幅なバリエーションを持つ兵器全てがリアルファイトで派手な戦闘を繰り広げていきます。

5.チュートリアル機能
 シリーズ未経験での安心のチュートリアル機能! 「大戦略」シリーズ初心者でも安心のチュートリアルモードを搭載しています。チュートリアルでは、基本的なゲームの操作方法や現代大戦略のルールを簡単に学ぶことが可能です。特に本作では、プレイしながらそれらのルールを理解できるようにチュートリアル機能も強化されています。これにより、シリーズ未経験者の方でも問題なく本作を体験することができるようになりました。

 その他にもゲーム内の様々な情報は「現代大戦略 2018~臨界の天秤!譲らぬ国威と世界大戦~」製品サイトにて随時公開して参ります。







(C)2018 SystemSoft Alpha Corporation