社員の退社時刻が16時30分という驚きの「働き方改革」を進めている味の素。それで会社は回るの? 勤務時間を減らして成果をあげられるのか?

こんな疑問に、同社で改革を中心になって進めているグローバル人事部次長の高倉千春さんが答えた。

2018年2月7日、東京・世田谷の昭和女子大学での「働き方改革フォーラム 味の素に聞きたい『なぜ16時半退社になったのですか?』」で語った。

朝の出社時間を早め、社員食堂で無料モーニングサービス

味の素は、2017年度から始業時刻を8時45分から8時15分に、退社時刻を17時20分から16時30分に早めた。同時に、本社ビルが19時には全館強制消灯されるようになった。

泣いてもわめいても19時以降は残業できない。また、「ノー残業デー」の毎週水曜日は17時に強制消灯される。

「だから、水曜日は16時半ごろからエレベーターがラッシュになり、入るのにひと苦労します。社員全員の仲がいいので、1階の受付前に集合して、どこに飲みにいこうか、ワイワイ話し合う光景がみられます」と、高倉千春さんは笑う。

女性社員を活用するうえでも、「早帰り」の効果は抜群。「働くママにとって、みんなが16時半退社だと、気兼ねすることなく保育園に迎えに行けることが大きい」と強調した。

始業が8時15分になると、朝ごはんを食べずに出社する社員が少なくない。そこで社員食堂をリニューアルして、無料でバナナ、ベーカリー、味の素AGFのコーヒーなどの朝食セットを提供するようにした。

「この朝食を食べながらのおしゃべりがいい感じの雰囲気を社内につくってくれます」

各オフィスにはホワイトボードがあり、それぞれが今日の予定を書く。いきなり「本日の退社時刻」を書くのが「味の素流」だ。「16時半、17時に帰ると宣言している部下に何を頼むか、『上司力』が問われます」と、高倉さんは指摘する。

そのため、テレワーク(在宅勤務)も認めた。スカイプ会議も始めたが、「自分の家の中が映るので、大掃除をしたりして、かえって面倒」(高倉さん)ということで、全国約100か所に「サテライトオフィス」を借りて、そこでそれぞれが働きたい時間帯に自由に働くことにした。

ただ、テレワークは「残業の持ち帰りにつながる」という問題点がある。どうやって勤務時間を管理するのか、講演会場からも疑問の声が出たが、高倉さんは「IT技術を使えば、いつメールを開いたかなどが、私たちにわかります」と答えた。

また、「8分の1会議」として会議をスリム化した。会議の頻度を2分の1、時間を2分の1、資料を2分の1で、3乗して8分の1にした。資料は紙をやめ、タブレット端末で読むようにした。また、立ったままの会議を増やした。高倉さんは、「各オフィスに立ち机も増やしました。立ったままだと、仕事がはかどります」と話す。

社長自ら取引先を1社ずつ訪問

こうした大胆な働き方改革を始めたきっかけは何か――。

西井孝明社長は、2013年にブラジルの現地支社長として赴任した時に驚いた。ブラジル人従業員はみな、夕方にはキチンと仕事を終わらせ、晩ごはんを家族と一緒に食べていた。ラテン民族はのんびりしているという先入観があったが、とんでもない、彼らは時間管理にメリハリをつけ、生産性が高かったのだ。

味の素は、ブラジルやインド、欧米など130か国に展開。世界中に3万3000人の社員がいる。ブラジルでも各国の企業が優秀な人材の争奪戦を繰り広げている。

民族、習慣、文化が違う3万3000人をどうやって束ねていくか――。日本式の会社に忠誠心を求め、夜遅くまで残業して成果を出す「働き方」では、世界に通用しないことを痛感したという。

味の素は、2020年にグローバル食品会社でトップ10入りを果たすことを目標に掲げている。そのための人材確保、世界に通じる働き方の確立が、この改革の狙いだ。

とはいえ、早帰り(残業時間の短縮)には、当初は社内のどのセクションからも抵抗にあった。なかでも営業部門は「取引先が遅くまで勤務しているのに、われわれだけが早く帰るわけにはいかない」と強く反発。これには西井社長自らが、北海道から九州の取引先までを1社ずつ訪ね、説明して回った。

また、研究所部門や工場の生産ラインも「自宅では仕事にならない」と反対。すると、工場の生産ラインではレポートを書く仕事の日には自宅勤務を認め、仕事時間を減らした。

「常に社員から意見をもらい、振り返る」

味の素が「早帰り」に成功しているヒミツを、高倉さんはこう明かした。

「大きな要因は、社員全員の仲がとてもいい、社風にあるのでしょう。もう一つ、これは外資系企業に勤めた私の職場経験から感じていることですが、日本企業は形から入ると成功します。当社では、各セクションや、社員一人ひとりが何時間残業を減らし、かつ自律的な働き方ができ、仕事の成果があげられているか、を評価の対象にしています。そこで重要なのが現場の管理職の能力です。管理職は部下一人ひとりと話し合い、この人が全力投球すると成果を発揮できる仕事内容を見極める必要があります。また、仕事の優先順序を決め、ムダを省く指導をしなくてはなりません。部下の成果にまでコミットしますから、『上司力』が問われるわけです」

ちなみに評価手法は、上司や部下・同僚、仕事上で関連する他部署の人などが、その人物を評価する「360度評価」。味の素では西井社長をはじめ役員全員が「360度評価」の対象になっている。西井社長は、ランダムに選んだ300人の部下に1ページほどビッシリ評価を書いてもらい、読んでいる。

高倉さんは、こう続けた。

「『リーダーは完璧ではない。常に社員から意見をもらい、振り返らないと』が西井の考えです」
高倉千春・味の素グローバル人事部次長