NHKの石原進経営委員長(JR九州相談役)は13日、野田聖子総務相がNHKの2018年度予算案に付与した大臣意見に「受信料の引き下げを含め検討するように」と明記したことについて、「非常に大事なこと。重く受け止めなければならない」と述べた。

 ただ、引き下げ時期については「引き続き中長期的な視点で検討していきたい」と説明。早期の一律値下げには慎重な立場を崩さなかった。同日の経営委員会終了後、記者団の質問に答えた。