1999年から始まった中国伝統的な修養法・法輪功の学習者を対とする不当な弾圧で、これまで多くの学習者は有罪判決を下された。しかし昨年では、法輪功学習者は裁判で罪を勝ち取るケースが相次いだ。

 法輪功公式サイト「明網」2017年7月12月報道の統計によると、中国内の安徽、甘粛、広東、河北、河南、黒龍江、北、南、吉遼寧内モンゴル、山東、山西、上海、四雲南など16では、裁判所などが審理を差し戻し、または起訴を取り下げた例があった。その中に、検察が差し戻した案件は45人、地裁が差し戻した案件は18人、再審を命じた案件は3人。

 2017年下半期案件を差し戻された66人の中に、22人の法輪功学習者が罪で解放され、11人が再度起訴され、5人が裁判の結果待ち、18人が審理を差し戻された後、状況不明の状態で、3人が再審の結果待ち、7人が不当な判決を言い渡された。

  2017年上半期でも、54人の学習者は罪で釈放された。合わせて、昨年1年間で76人の学習者は罪判決を勝ち取った。

 また、逮捕された学習者について、一般市民がこの弾圧が不当で、釈放をめる動きも出ている。

 河北の学習者・王紹(女、70代)さんは昨年8月法輪功に対する弾圧が間違っていると周囲に伝えた際、連行された。彼女の釈放をめて、隣人4人はビデオで「法輪功学習者に罪がない」と訴えた。 王さん一家7人は10数年間、迫を受けてきた。

 その中の一人は「王さん一家はみんな良い人だ。数十年来の知り合いで、彼女に対しても優しく接している。人を騙したわけでもないので、彼女刑務所に入れる理由はない」とった。

 王紹さんは若い頃、ひどい痛に見舞われたが、法輪功練習するようになってから治した。健康になった王さんを見て、家族も相次ぎ煉功するようになった。

 在中国問題評論家・鄭浩氏は、この現法輪功に対する誹謗中傷の宣伝が失敗したことを意味すると分析した。18年間続く迫の中、中国共産党法輪功に対して、ネガティブキャンペーンを展開してきた。しかし、時間が経つにつれ、市民は宣伝の虚偽性に気づき始めたようだ。

 

翻訳編集・沐恩)

 

隣人4人が河北省昌黎県の法輪功学習者王紹平さんの釈放を求めた。(大紀元)