平昌冬季五輪は14日、フィギュアスケートのペアが始まり、北朝鮮のリョム・テオク、キム・ジュシク組が出場する。2人は今季、大会の上位入賞者が競技終了後に披露するエキシビションで、南北融和を歌った北朝鮮の歌謡曲「パンガプスムニダ」を使っている。韓国内では「あの曲を使うのか」との声も上がっている。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら