仮想通貨取引所コインチェックで約580億円分の仮想通貨NEM」が不正流出した問題で、コインチェック2月13日東京都内で会見を開いた。

取締役COO大塚雄介氏は「NEMの補償はある程度メドがついて、時期についてもある程度のメドが立ってきた。明確な時期が確定したら報告したい」と述べた。コインチェックは同日、再発防止策などを盛り込んだ報告書を金融庁に提出したが、金融庁とのやりとりについては「お答えできない」。報告書の内容についても「詳細な内容は弊社HPをご確認ください」と述べるにとどめた。

一方、今後の事業については継続する意思を示した。「破産とかそういうつもりはなく、事業継続の意思があり、その見通しをもっている」と明言。顧客の補償にあてる資も手元にあるとした。

また、日本円での出を停止していたが、顧客から出示があった計401億円については対応することも明らかにした。2月14日以降も、顧客から出示があれば継続して対応するという。記者団から、日本円以外の仮想通貨も全て分別管理されて手元にあるということかと問われると、「はい、そうでございます」と答えた。

会見のやりとり

コインチェック取締役COO大塚雄介氏と記者団のなやりとりは以下のとおり。

大塚氏>本日の時点で話せる範囲で話す。また後日タイミングめて機会を設けたい。本日、(金融庁による)業務善命令に対して報告書を提出した。継続して事業をするということで、善を進めていて確認をしながら再生に向けて進めている。日本円での出を止めていたところだが、本日、401億円については出示をした。明日2月14日)以降、(顧客から)出示をいただいたものは継続して出する。NEMの補償はある程度メドがついていて、時期についてもある程度のメドが立ってきた。明確な時期が確定したら報告したい。送と売買について、外部のセキュリティー専門の会社とひとつずつ確認をしていて、安全が確認されたら送と売買を再開するつもりだ。一歩一歩確認しながら善を進めていく。

記者団>報告の詳細と金融庁とのやりとりは

大塚氏>金融庁とのやりとりはお答えできない

記者団>話せない理由は

大塚氏>進めている最中なのでお答えできない。内容についても、あくまでもプレスリリースに出させていただいている。詳細な内容は弊社ホームページ、そちらをご確認ください。具体的な内容は言えない。申し訳ない。

記者団>不正アクセスの監視体制を増やすなどということはするのか

大塚氏>お答えできない

記者団>経営責任

大塚氏>今の時点でお答えできることはない

記者団>顧客は補償時期のメドが知りたい。含み損の損切りもできない

大塚氏>補償についてはメドがあるが、正式な日付等が決まればご報告する

記者団>補償額の算定方法を見直すことはないのか。変更しないのか

大塚氏>はい

記者団>返依頼があれば全て返せるのか。補償額は確保しているのか

大塚氏>はい。はすでにあるものがあるので、そこの調整を図って問題がないねというのを一個一個確認している

記者団>仮想通貨の売買ができないなどとして訴訟に出る動きもあるが

大塚氏>そこに関しては申し訳ないと思っていて、送と売買を今しばらくお待ちいただきたい

記者団>破産するという憶測も飛ぶが

大塚氏>事業を基本的には継続させていただく意思。々としては破産とかそういうつもりはなく、事業継続の意思があり、その見通しをもっている

記者団>結局、この2週間で何が前進したのか

大塚氏>この2週間で進んだことは、外部の専門セキュリティ上の確認をしていただいていて、日本円での出ができるというのが大きな一点。プラス仮想通貨の売買に向けて前に進んでいく。ある程度見通しがついているのだが。

記者団>だいたいのメドも示せないのか

大塚氏>実際、お伝えしたいが、正式に決まってからのご報告になる。時期のメドは私の中でもある程度あるが、1日でもずれてはいけないので。おっしゃっていることは重々分かっているのだが、見通しもずれがないように報告したい

記者団>社長はなぜ会見にいない

大塚氏>私の方が内容を話す責任があり、私が会社を代表して話をしている

弁護士ドットコムニュース

コインチェック会見詳報、NEM補償の時期示さず…破産見込みは否定