2018年4月、1日1組貸し切りキャンプ”をコンセプトにしたキャンプ場を瀬戸内に浮かぶ、通称くじらで開業します。
 宇野港土地株式会社(本社:岡山県玉野市、代表取締役宮原 一郎 以下宇野港土地)は、株式会社JTB(本社:東京都品川区、代表取締役社長高橋広行)と株式会社VILLAGE INC.(本社:静岡県下田市、代表取締役村和徳)の両社が展開する村作りをコンセプトにした地域の特別な体験価値を創造する事業「VILLAGing~村づくり~」(http://villaging.villageinc.jp/)第一弾として、玉野市渋川で1日1組限定のキャンプアイランド『 瀬戸内 貸切 KUJIRA-JIMA 』を2018年4月28日(土)に開業します。2月13日(火)より予約サイトオープンし、またオープニングレセプションへの参加権や施設利用の割引などをリターンにしたクラウドファンディングCAMPFIREにて2月16日)より実施します。

瀬戸内海に浮かぶくじら島
KUJIRA-JIMAロゴ
玉野市宇野港から船で30分ほどの合に浮かぶ。このは古くから地域の人たちには、シルエットクジラに似ていることから「くじら」の称で親しまれています。瀬戸内には約3,000ものが点在し、その多美は世界宝石と称されるほど美しく、日本世界に誇る観がそこにはあります。本事業を通じて、瀬戸内自然を、気の置けない仲間や大好きな人と過ごす、日常から離れたでしか体験できない時間を沢山の人に堪していただきたいと考えております。

当施設への出発は宇野港土地の所在地である岡山県玉野市とし、瀬戸内エリアへの滞在観光の普及ならびに交流人口の増加、そして新たな観光コンテンツとしても貢献してまいります。
ファースト(テスト)キャンプの様子
背景
玉野市宇野港から船で30分ほどの合に浮かぶ。このは古くから地域の人たちには、シルエットクジラに似ていることから「くじら」の称で親しまれています。瀬戸内には約3,000ものが点在し、その多美は世界宝石と称されるほど美しく、日本世界に誇る観がそこにはあります。本事業を通じて、瀬戸内自然を、気の置けない仲間や大好きな人と過ごす、日常から離れたでしか体験できない時間を沢山の人に堪していただきたいと考えております。

当施設への出発は宇野港土地の所在地である岡山県玉野市とし、瀬戸内エリアへの滞在観光の普及ならびに交流人口の増加、そして新たな観光コンテンツとしても貢献してまいります。

クラウドファンディングについて
クラウドファンディングでは、4月中旬開催予定の『 瀬戸内 貸切 KUJIRA-JIMA 』オープニングレセプションキャンプへの参加権を筆頭に、内の歴史あるお寺のお香セット内の人気温浴施設「瀬戸内温泉 たまの湯」の入浴券や玉野市の名産品、くじらでのキャンプ施設の利用割引やアクティティの使用権、貸切プランなどを用意しました。CAMPFIREhttps://camp-fire.jp/)でのクラウドファンディング2月16日)からスタートします。
実施体制
くじら島全景
【『瀬戸内 貸切 KUJIRA-JIMA』概要
所在地:岡山県倉敷市
敷地面積:約36,000坪 (周囲:約2km)
収容人員:最小4名~最大80名(予定)
:1泊20,000円、日帰り10,000円(大人1名料 税別)
予約開始:2018年2月13日(火)
開業:2018年4月28日(土)
施設URLhttp://www.kujira-jima.jp/
※ご予約やお問い合わせは上記サイトよりご確認下さい。

配信元企業宇野港土地株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ