愛知県大府市は13日、認知症の高齢者が第三者にけがをさせたり物を壊したりして家族が損害賠償を求められる場合に備え、市が保険料を全額負担して個人賠償責任保険に加入すると発表した。事業費20万円を新年度予算案に盛り込む。自治体が公費で同種の保険契約をするのは神奈川県大和市に次いで全国2例目という。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら