大相撲の元横綱・日馬富士の傷害事件など相次ぐ不祥事発生を受けて、日本相撲協会は13日、再発防止に向けた研修を東京・両国国技館で開始した。全協会員を対象に16日まで行う。初日は十両以上の関取が対象で、研修は非公開で行われた。傷害事件の被害者で療養中の貴ノ岩ら4人を除く66人が参加した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら