スピードスケートは13日、男子1500メートルが行われ、小田卓朗(開発計画研究所)が1分45秒44で5位に入った。この種目で日本選手の5位は1988年カルガリー大会の青柳徹に並ぶ過去最高で、入賞は98年長野大会以来。ウイリアムソン師円(日本電産サンキョー)は1分46秒21で10位、中村奨太(ロジネットジャパン)は1分47秒38で24位だった。

 キエルド・ナウシュ(オランダ)が1分44秒01で金メダルを獲得した。 

〔写真説明〕スピードスケート男子1500メートルで力走する小田卓朗(右)=13日、韓国・江陵

スピードスケート男子1500メートルで力走する小田卓朗(右)=13日、韓国・江陵