仮想通貨交換業者コインチェックは13日、仮想通貨ネムの不正流出問題を受け、再発防止策などを盛り込んだ業務改善計画を金融庁に提出した。また、不正流出が発生した1月26日以来停止していた日本円の預かり資金の出金を再開した。13日夜、同社の大塚雄介取締役は、再開後401億円の出金があったと明らかにした。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら