湘南ベルマーレは13日、2018シーズンキャプテンと副キャプテン、ならびに「ヤングキャプテン」が決定したと発表した。

 キャプテンは昨季に引き続き、FW高山が務める。現在29歳の同選手は昨季、負傷による長期離脱を強いられた。明治安田生命J2リーグで全42試合中8試合出場2得点。ただ、昨年11月5日に行われた第40節のアビスパ福岡戦で実戦復帰を果たしており、今季の活躍に期待がかかる。

 高山は「今季もキャプテンを務めさせていただき本当に光栄です。昨季は怪をしてしまいチームになれなかったので、今季こそはしっかりとピッチ内外でチームを支えていきたいです。新しい選手が多く加入したなか、自分がベルマーレでさせてもらったたくさんの経験を伝えていけるよう、今季も1年間、自分らしく頑ります」とコメントしている。

 また、副キャプテンには3選手が就任。それぞれ、以下のようにコメントしている。

MF菊地俊介
「今年も副キャプテンを務めさせていただくことになりました。若い選手が多いので、彼らにいい影を与えられるよう日々自分自身も精進していきます。またシーズンを通してチームALIVEするために、まずは自らその姿を見せ、責任感を持って頑ります」

MF
2018シーズンの新チームで大役を任せてもらい光栄です。若いチームのなか、自分は年齢的に上の立場になるので、これまでの自分の経験をアウトプットしみんなと成長していきたいと思います。そして高山キャプテンをしっかりサポートし、自分自身も責任感を持ち、湘南らしい姿を見せていきたいと思います」

■DF大野和成
「今季、副キャプテンを務めさせていただくこととなりました。厳しい戦いが続く時こそよりもになれるよう、チームのために、湘南の勝利のために精一杯務めていきたいと思います。そして高山選手をサポートしながらも、高山選手をはじめ他の選手に負けないくらいにチームを引っる思いを持ち、頑っていきたいと思います」

 さらに「若手選手の意見集約、チームへの伝達などが役割」となる「ヤングキャプテン」には、DF大暉が就任。同選手は以下のようにコメントしている。

「長く多くの経験をされてきた選手たちと若い年代の選手たちを結びつける役割として、チームが一体となるよう自分から率先して行動、発言をしていきたいと思います。海外チームは若い選手が多く躍動しています。ベルマーレもそんなチームになれるよう、自分たち若いメンバーがより意欲的に取り組んでいきたいと思います」

湘南の主将を務める高山薫(左)と「ヤングキャプテン」の杉岡大暉(右) [写真]=Getty Images for DAZN、Getty Images