(Tomwang112/iStock/Thinkstock)

人の中には、悪意のあるないに関わらずに、周りを見下すような発言をする人もいるだろう。それは母親になっても変わらないようだ。

しらべぇ取材班は、母親女性たちに「セレブなママ友の不快になった発言」を調査してみた。

(1)ママ友を自分のお手伝いさんとして雇おうとする

「ママ友同士で会話をしていた時に、その中のひとりが『子供がいるとなかなか仕事を雇ってもらえなくて大変だよね』と、世間話的に話していたんです。

それを聞いた裕福なママ友が『じゃぁ、うちのお手伝いさんになってよ! ちょうど掃除とかしてくれる人探してたの!』と、掃除婦に誘っていました。

ママ友を自分のお手伝いさんにするって…見下しているみたいでドン引きだし、はたから見ていても気分が良いものではなかったです」(女性・33歳)

(2)公立学校に子供を入学させる親を責める

「実家がお金持ちなママ友。旦那と本人はたいした稼ぎはなく、親から援助してもらい、リッチな生活をしています。そんな彼女は、子供を高額な私立小学校に入学。

私の子供が公立だと知ったら『学歴は大事。子供のためなんだからケチらずにいい学校に入れてあげたほうがいいよ。それが親の役目だよ』と、お説教。

私だって好きなだけお金をくれる人がいれば、入れてあげたい! 親から金もらって子育てしているくせに偉そうなこと言うな! という気分でした」(女性・30歳)

▪️お金があるからといって幸せではない?

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,342名を対象に、「幸せになるためにお金は必要だと思うか」を調査したところ、年収が高くなるにつれて「お金ではない」と回答。

sirabee20170814moneyhappy3(©ニュースサイトしらべぇ)

リッチなママ友に自慢や見下した発言をされるとイラっとしがちだが、彼女たちも100%幸せではないのかもしれない。

本来の勝ち組は、お金ではなく心が幸せな人…と思い、嫌味な発言をされても聞き流したほうがいいだろう。

・合わせて読みたい→「キラキラ起業女子」の実態が物議 セミナー主催者の「養分」になるだけ?

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,342名(有効回答数)

(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

感じ悪すぎだろう! 金持ちなママ友にされて不快になった言動