(imtmphoto/iStock/Thinkstock)

お金持ちと庶民とでは、金銭や生活に対する価値観は異なるものだ。そのため中には、庶民に対して無神経な発言をしてイラッとさせる人も…。

しらべぇ取材班は、人々に「お金持ちにされて不快になった言動」を調査してみた。

(1)安い給料での生活を絶賛される…

「大企業に勤めている女友達と話の中で、自分の給料を伝えたら、『そんな給料でよく生活できるね。すごい!』と言われ、生活費の内訳を聞かれて答えたら…。

『本当にこれで生活できるんだ…! 尊敬する!』と、本人的には無邪気な発言だったんでしょうが、こちらはバカにされいる気分になりました」(女性・29歳)

(2)好きで住んでいるわけじゃないのに…

「実家がセレブな女友達は、親から仕送りをしてもらって白金の高級マンションに住んでいます。私が家賃7万のセキュリティもないアパートに住んでいると知ったら…。

『女の子なのに危ない。きちんとした家に引っ越しなよ。お金と命どっちが大事なの?』と、説教。庶民はセキュリティのある家に住みたくてもお金がないのだよ…」(女性・26歳)

(3)お金の重さが違いすぎる…

「男友達と買い物に行った時に、自分がずっと欲しかったものが半額セールに。『やばい! めっちゃ嬉しい! 安く買えた!』と、大興奮していたんですが。

裕福なその友人は『たかだか五万円じゃん。そんな大騒ぎすることじゃなくない』と呆れたように。一般人からしたら五万円も安く買えるのは、発狂レベルです」(男性・28歳)

▪️高収入な人ほど「幸せにお金は必要ない!」と思う

ちなみにしらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,152名を対象に、「幸せになるためにお金は必要だと思う」かを調査したところ、年収別では高収入ほど低い結果に。

sirabee20170814moneyhappy3(©ニュースサイトしらべぇ)

庶民が幸せだと感じる贅沢な買い物や食事などの幸せは、お金がある人にとっては当たり前のことで、「幸せ」のレベルに差があるからかもしれない。

そして、この当たり前のレベルが違うことで、時として発言や行動などで庶民との間に亀裂を生んでしまうのかも…。

・あわせて読みたい→女の前で変わりすぎ! モテたくて必死な金持ち男のドン引き行動

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,152名(有効回答数) 

(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

安い給料を絶賛? お金持ちの友達にされたムカつく暴言3選