太陽光発電一括見積もりサイトタイナビ」をはじめとする太陽光発電関連及び省エネ商材などのマッチングサイトタイナビシリーズ」を運営する株式会社グッドフェローズ(本社:東京都品川区、代表取締役長尾 泰広)は、株式会社NTTスマイルエナジー(本社:大阪府大阪市中央区、代表取締役社長:小) の提供する太陽光発電設備向け遠隔モニタリングシステムエコめがね」の『2016年度 販売数 総合 第1位』を受賞し、3年連続でNo.1を獲得しました。
今回の受賞を記念して、2017年7月よりNTTスマイルエナジーの代表に就任された小氏とグッドフェローズ代表の長尾による「NTTスマイルエナジー社×グッドフェローズ 社長対談」を、当社ウェブサイトタイナビ発電所』内で、2018年2月9日より開しております。対談では、エコめがねという商品への思いや、両社の今後の展望、そして変革しつつある電市場への期待などについてお話しいただきました。

エコめがね販売実績No.1 三年連続受賞記念
NTTスマイルエナジー×グッドフェローズ 社長対談 特集記事(タイナビ発電所内):

https://www.tainavi-pp.com/investment/pr/74/

■グッドフェローズ商社部門で「エコめがね」販売数No.1を3年連続受賞!
グッドフェローズ2012年よりエネルギー事業部にて商社部門を開設し、環境ビジネスに取り組む全の施工店様に太陽光発電を中心とした省エネ・創エネ商材の卸販売を行っており、内・海外メーカーを問わず太陽光発電システムモジュールパワーコンディショナーなどの関連商材を幅広く取り扱っています。そのなかでも、NTTスマイルエナジー社が提供する太陽光発電設備向け遠隔モニタリングシステムエコめがね」は、トップシェアを誇る太陽光発電遠隔モニタリングサービスであり、当社の販売先である施工店様からも非常にご好評いただいております。このたび「エコめがね」の『2016年度 販売数 総合 第1位』を受賞したことにより、当社は3年連続となる販売数No.1を獲得いたしました。

NTTスマイルエナジー×グッドフェローズ 社長対談 特集記事
(1)太陽光発電の長期安定稼働による「基幹電化」、それを支える『エコめがね』の意義。

NTTスマイルエナジー社の小社長は、創業以来「エコめがね」の拡販を通して再生可エネルギーの安定運用化に貢献しておられ、2017年7月の代表就任後は、その取り組みをいっそう強くされています。小社長に「エコめがね」拡販の意義を伺いました。

氏「太陽光発電自体は「基幹電化」していかなければいけない。そのためには長期安定稼働しなければなりません。「エコめがね」は太陽光発電遠隔監視サービスとしてご利用頂いておりますが、今後は長期安定稼働のベースとしても貢献していきたいと考えています。(中略)
庭向けのPPA(※1)モデルが、日本でも増えてきている印があります。その計測や課金の役割として「PPA向けのエコめがね」のご提供、場合によってはPPA事業者になることで、再エネの普及にも最大限貢献していきたいと思っています。」

※1 PPA・・・Power Purchase Agreement略語。事業者が庭の屋根の上に太陽光発電を設置して発電した電を回収していく「第三者所有モデル」の意味。

(2)FIT終了・分散VPPの普及で変わる2020年の電市場での2社の立ち位置とは
FIT終了、送配電分離などにより、電力業界が大きくシフトチェンジすることが予想される2020年。来たる新しい電市場での両社の立ち位置をそれぞれ伺いました。

長尾「今までの太陽・蓄電池などのVPP(※2)リソースタイナビというWEBラットフォームを通じて、拡販していきたい。ただ、それだけでは芸がない、面くない、という思いも一方で持っています。当社の強みは全の販売店様を束ねているところ、そしてインターネットからの反で需要を広くカバレッジできるところ。その強みを生かして、リソースアグリゲーター(※3)になれないかと考えています。」

氏「私どもは『通信と制御を組み合わせた価値提供』がコアだと思っております。例えば“環境価値”を束ねることも可です。これは何かと申しますと、庭における太陽光発電の自消費分や、発電分そのものも化石燃料を使っていないので非化石価値があるとみなされます。(中略)2020年以降は、これらをネットワーク化し、一定の規模にまとめることで、企業様に買っていただく、そこから生まれた利益をお客様にも還元する。今後は、そういったやり取りが生まれる可性もあります。このように、非化石市場(※4)は新たなビジネスチャンスを秘めていることから、社内でも2020年を見据えた議論・検討をスタートさせています。」

※2 VPP・・・Virtual Power Plant略語。分散する複数の電エネルギーソース)を統合することにより、あたかも一つの発電所のように機させる「仮想発電所」の意味。
※3 リソースアグリゲーター・・・各送配電事業者の要と、各地に分散するエネルギーソースマッチングし、サービス提供する役割を担う。
※4非化石市場(非化石価値取引市場・・・CO2を排出しない発電設備を「非化石電」と位置づけ、発電した電の「非化石価値」を書で売買できる市場

遠隔モニタリングサービスエコめがね」とは
NTTスマイルエナジー社が提供する太陽光発電遠隔モニタリングサービス2017年11月現在、約4万か所・約1.2GWの発電所に導入され、内においてトップシェアを誇る。発電量・消費量といった「電の見える化」に加えて、発電診断やアラートメールによる発電の見守り、自己消費に応じたポイント還元等で、省エネ太陽光発電の長期安定稼働をサポートしている。

■会社概要
名称 : 株式会社NTTスマイルエナジー
所在地: 大阪府大阪市中央区2丁6番18号 淀屋橋クエア4階
代表者: 代表取締役社長 小
URL : http://nttse.com/
エコめがねホームページhttp://eco-megane.jp/

名称 : 株式会社グッドフェローズ
所在地: 東京都品川区西五反田7-17-3 五反田第二長岡ビル3階
代表者: 代表取締役社長 長尾 泰広
URLhttp://www.goodfellows.co.jp/

配信元企業株式会社グッドフェローズ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ