マニュライフ生命保険株式会社(代表執行役社長兼CEO:ギャビン・ロビンソン、本社:東京都新宿区、以下「マニュライフ生命」)は、無配当外貨建個人年金保険(積立利率変動型)ペットネーム『こだわり個人年金(外貨建)』を、本日より株式会社池田泉州銀行(取締役頭取:藤田博久、以下「池田泉州銀行」)を通じて発売いたします。
高齢化が進み定年退職の年齢が変化するなど、ライフスタイルが多様化するなか、リタイアメント後を見すえた経済的準備としての年金保険商品への需要がますます高まっています。『こだわり個人年金(外貨建)』は、公的年金、退職年金や退職一時金に加え、ご自身で将来に備えたいお客さまの資産形成ニーズに的確にお応えするために開発された平準払の外貨建年金保険です。2015年7月に発売した同商品は、当社の金融機関チャネルにおいては、池田泉州銀行を含め現在36の提携先で販売されています。

生き方や働き方が多様化するなか、マニュライフ生命は、皆さまが自ら積極的に行動し、それぞれが思い描く理想の未来を切りひらいていくことを応援していきたいと考えています。そして、未来を意識したその時に始まる、自分らしい、これからの生き方を「Life 2.0」と名付けました。皆さまの「Life 2.0」をサポートするため、マニュライフ生命は今後も先進的な商品の開発に取り組んでまいります。


『こだわり個人年金(外貨建)』の特長
(詳細は別紙および右記URLを参照:http://www.manulife.co.jp/kodawari-kojin-fi01

1.毎月一定金額の円を払い込み、契約通貨(米ドル/豪ドル)に換算して*1積立金として運用

・ 毎月1万円から、一定金額の円(保険料円払込額)により保険料をお払い込みいただきます。また、円と比べ高い金利水準で推移している外貨で運用する*1ので、比較的高い利回りが期待できます(現在の金利水準、為替水準のままの場合)。
・ リタイアメント後の資産の一部を外貨建でもつことで、資産が分散され、リスクの軽減につながります。


2.加入後も積立利率は毎月更改、最低保証があるので安心です

・ 保険料払込期間中、積立利率は毎月見直され、市場金利の変動に弾力的に対応します。
・ 米ドル/豪ドルともに、積立利率が最低保証積立利率(年1.5%)を下回ることはありません。

3. 相場、ライフステージの変化、家計の状況に対応できる柔軟なしくみです

・ 保険料円払込額の減額、払込の停止および再開が可能*2なので、無理なく続けられます。
・ 相場の状況や退職のタイミングなどご自身の状況に応じて保険料払込期間を延長し、払込を継続できます*
3。延長後も、保険料円払込額の減額、払込の停止および再開が可能です。

4. 個人年金保険料控除が適用されます

・ 一定の条件を満たしたご契約に「個人年金保険料税制適格特約」を付加することで、お払い込みいただいた保険料円払込額は個人年金保険料控除の対象として、所得控除*4の適用が受けられます。

5.告知なしでご加入いただけます

6.健康相談等の付帯サービス

・ マニュライフ生命の業務提携先であるティーペック株式会社が提供する付帯サービス『こころとからだの健康サポートメディカルリリーフ』*5をご利用いただけます。日常の病気やケガに関するご相談や、日本を代表する医師(総合相談医)によるセカンドオピニオンがご利用いただけるサービスです。

*1 この保険にかかる費用と為替リスクの詳細は別紙2をご覧ください。
*2 保険料払込期間中に一定の範囲内で保険料円払込額を減額することができます(増額のお取り扱いはありません)。また、ご契約日から10年を経過していること、かつ、この期間中の保険料(保険料円払込額)が払い込まれていることなど、一定の条件を満たす場合、お客さまからのお申し出により保険料円払込額の払込を停止することができます。払込停止となったご契約も、既払込部分は払込停止をしていない場合と同様に運用が続きます。また、停止後の払込再開も可能です。
*3 延長期間は1~5年(1年単位)まで、延長後の年金支払開始日における被保険者の年齢が80歳以下であることが条件です。
*4 税務上のお取り扱いについては、2017年11月現在の内容であり、今後、税制の変更などによりお取り扱いが変更となる場合がありますのでご注意ください。また、個別の税務などの詳細については、税務署や税理士など、専門家にご確認ください。
*5 ティーペック株式会社の主力サービスである「ドクターオブドクターズネットワーク」であり、マニュライフ生命では専用のサービス名称『こころとからだの健康サポートメディカルリリーフ』として提供しています。

マニュライフ生命について

マニュライフ生命は、130年の歴史を持ち、カナダを本拠とする大手金融サービスグループ、マニュライフ・ファイナンシャル・コーポレーション(マニュライフ)のグループ企業です。プランライト・アドバイザー(自社営業職員)、金融機関、代理店の3つの販売チャネルを通じて、法人ならびに個人のお客さまへ、先進的な商品と質の高いサービスを提供しています。ブランド・スローガン「今日を生きる。明日をひらく。」のもと、お客さまが自ら健康で豊かな未来を切りひらいていくためのサポートをしています。詳細はホームページ(www.manulife.co.jp)をご覧ください。公式フェイスブックページ(https://www.facebook.com/ManulifeJapan)、Twitterページ(https://twitter.com/ManulifeJapan)でも情報発信しています。

マニュライフについて

マニュライフ・ファイナンシャル・コーポレーションは、世界有数の大手金融サービスグループです。米国においてはジョン・ハンコックのブランドで、その他の地域ではマニュライフとして事業を行い、お客さまの夢や志をかなえるための的確なアドバイスやソリューションをご提供しています。マニュライフは個人・団体・機関投資家のお客さま向けに、ファイナンシャル・アドバイスや保険、資産運用・形成のための商品やサービスをご提供しています。2017年末現在、マニュライフは世界中で34,000人の職員と73,000人のエージェントおよび数千の販売パートナーを擁し、2,600万を超えるお客さまに商品やサービスをご提供しています。マニュライフの管理運用資産は、2017年12月末現在およそ1.04兆カナダドル(8,294億米ドル)です。また、過去1年の間にお客さまにお支払いした保険金、給付金および利息は約267億カナダドルとなりました。マニュライフは主にカナダ、米国、アジアで100年以上にわたって事業を展開しています。カナダのトロントに本拠を置き、トロント証券取引所、ニューヨーク証券取引所およびフィリピン証券取引所においては「MFC」の銘柄コードで、また、香港証券取引所では「945」で取引されています。

「Life 2.0」とは

人生100年時代と言われ、生き方や働き方が多様化する現在において、マニュライフ生命は、皆さまが自ら積極的に行動して未来を切りひらいていくことを応援していきたいと考えています。そして、自分らしい、これからの生き方を「Life 2.0」(ライフ2.0)と名付けました。「Life 2.0」のかたちは、人それぞれです。マニュライフ生命は、保険会社ならではの多面的な発想と先を見通すプランニングで、皆さまの健康で豊かな「Life 2.0」の実現をお手伝いします。
別紙1
別紙2

配信元企業:マニュライフ生命保険株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ