山口県美祢(みね)市は13日、市営の化石採集場にある美祢層群桃ノ木層(約2億3000万年前)で発掘された化石2点が、恐竜以前に栄えた哺乳類と遠縁の陸上脊椎(せきつい)動物「ディキノドン類」と確認したと発表した。国内でディキノドン類の化石が見つかるのは初めて。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

ディキノドン類の上あごの一部とみられる化石=山口県美祢市の市役所で2018年2月13日、真栄平研撮影