「S Cawaii!」(主婦の友社)専属モデルの郡司英里沙がリーダーを務めるアイドルグループ・Pimm'sが、ニューシングル「Life is a Game/My Soul(Gekiヤver.)」を2月7日にリリース。2013年の結成以来、雑草魂で全力感溢れるステージパフォーマンスで注目を集める彼女たちだが、2017年11月には新メンバーの新谷真由も加入し、7人組の新生Pimm'sとして始動している。そんなPimm'sから郡司英里沙、小林智絵、吉澤玲菜、川崎優菜、山口紗弥の5人に話を聞いた。

【写真を見る】“ドS”小林智絵「何でもズバズバ言っちゃうので、ファンの方も『もっと言ってー!』みたいな感じ」

――先日のニコニコ本社でのリリースイベントに伺いましたが、女性のファンが多いなという印象でした。

郡司:いやー、あの日はたまたまですよ(笑)。女の子も増えてきてはいますけど、ふだんは男性9割。女の子のファンをどう増やすかは今でも課題ですね。モデルとしての私のファンはなかなかアイドルのライブには来にくいみたいですけど、衣装もスタイリッシュというか、オシャレな感じなので、その辺を見に来てもらえたらいいなと思ってます。もちろん男性のファンの方も大事にしたいですけど。

川崎:私たちのライブは熱いし、激しいんですよ。ヘドバンしたり、大きな声を出したり。男の人はそういう発散を楽しみに来る方が多いですね。私たちも「もっと声出せー!」とか煽ったりするので。熱いファンの方は多いですね。

吉澤:メンバーの個性が強くて、それぞれのキャラクターがしっかりしてます。メンバーごとのファンのカラーが似てない。

川崎:ロリっぽい子が好きな人とか、熱い子が好きな人とか。

郡司:ドMな人とか(笑)。智絵ちゃんのファンの方はそうですね。

小林:私がドSでキツいんですよ(笑)。何でもズバズバ言っちゃうので、ファンの方も「もっと言ってー!」みたいな感じで。

郡司:智絵ちゃんはアメとムチの使い方が上手。普通のファンの人には「来てくれてありがと~♪」みたいな感じなんですけど、濃いファンの人から「今日のライブ、今イチだった」とか言われると「は? どこが?」なんて。2つのキャラの使い分けが上手い。

――ファンの方もそのリアクションが見たくて、わざと「今イチ」とか言うんでしょうね。

小林:そうそう。私のところに来て、わざわざ「今日は○○ちゃんが可愛かった」とか。これはツッコんでほしいんだなと思って、ツッコみます。

吉澤:ファンの方がメンバーに似てきますね。私は人見知りなんですけど、私のところにはファンの方も人見知りな人が集まってます。

――そんな個性はもちろん、音楽的にも注目されてますね。

郡司:そうなんですよ、ありがたいことに。ミクスチャーロックアイドルなんて言っていただけて。

川崎:前は結構可愛い曲も多かったんですけどね。今回のシングルを機にガラリと変わった感じです。

郡司:可愛い中にもメッセージ性の高い曲は多かったですね。そこにカッコよさもプラスされた感じです。普段の私たちは結構おチャラけた部分も出してるので、ファンの方には意外かなと思います。

――可愛かったり、カッコよかったり、おチャラけてたり…。

吉澤:忙しいですね(笑)。ライブ中も常にギャップがあって。

小林:パフォーマンスはカッコよく、MCはいつもの楽屋ノリ(笑)。

山口:Pimm'sの曲って、ジャンルの幅が広いんですよ。それも1つの魅力だと私は思ってます。私はラップを担当させていただいてるんですけど、がっつりラップの入った曲からダンスナンバー、可愛い曲、バラードとあるので。

小林:曲に合わせて、いろんな衣装もあるし。

川崎:振り付けは紗弥ちゃんが担当してるんですよ。

山口:最近、やらせていただいてます。曲の雰囲気を考えたり、お客さんがマネできるような振りも考えたり。歌割りのある子を前に出そうとするので、曲中の移動が激しくなるのが私の振り付けあるあるですね(笑)。

【Pimm'sのメンバーが素顔を暴露し合う!? へと続く。同記事は2月14日(水)朝11時アップ予定】(ザテレビジョン)

ニューシングル「Life is a Game/My Soul(Gekiヤver.)」をリリースしたPimm'sにインタビュー!