CMクイーン広瀬すず演する連続ドラマanone』(日本テレビ系)の視聴率が、とんでもないことになっている。

 初回は9.2%ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で発進したが、その後、7.2%→6.6→6.4と推移し、7日放送の第5話では5.9まで降下。見事なまでの右肩下がりで、初回から3.3ポイントもの大ダウンとなった。

 日テレのプライム帯の連ドラの中では、“死に”とも称される「日曜ドラマ」でこそ、低視聴率を連発しているが、「水曜ドラマ」は、ほぼ毎クール、2ケタ台をマークしている優良な“看”。そので、5台を記録したのは、2013年10月期『ダンリン 労働基準監督官』(竹内結子演)第8話の5.6以来、4年3カぶりの大惨事なのだ。

anone』は、同で放送された『Mother』(10年)、『Woman』(13年)に続く、日テレ人気脚本家坂元裕二氏による3作。先の2作は高視聴率をマークしており、同局の期待も、視聴者の前評判も高かった。ところが、始まってみれば、必要以上に手の込んだ難解なストーリーで、視聴者がついていけず、脱落者が続出。気がつけば、深夜ドラマ並みの低視聴率に沈んでしまっている状況だ。

 そんな中、明がないわけではない。直近の第5話は、較的スッキリした展開となり、業した印刷所の2階に住む亜音(田中裕子)の自宅で、涯孤独の主人公ハリカ(広瀬)、死に場所を探していたるい子(小林聡美)、余命宣告を受けたカレー屋店阿部サダヲ)が、奇妙な共同生活を始めたのだ。そして、が使われなくなった印刷機を使って印刷屋を再開するというアイデアを出し、印刷機の使い方を聞くために元従業員の理瑛太)を呼び出す。理は、亜音の亡き夫・京介(木場勝己)と偽札を造っていたことを告げ、亜音たちに偽札製造の協めたところで終了。

 5話にも及ぶ複雑なストーリー展開の末、第6話以降ががぜんおもしろくなりそうな気配になってきたのだ。理は妻子がいながら、消息を絶っていた亜音の義理の江口のりこ)と不倫しているが、次回では、それを亜音が知り、その問題でも紛糾することになりそうだ。

 だからといって、それだけで視聴率アップにつながるとは言いがたい状況がある。

「このドラマは1話完結モノではなく、1話ごとに深くつくられているため、初回から見続けていないと全体像が見えず、途中からでは、なかなか入っていけません。一度脱落した人、初めて見る人が第6話から視聴しても、そのおもしろさが伝わりづらく、定着させるのは難しいのではないでしょうか。従って、これ以上、大きく視聴率がダウンする可性は低くなりましたが、逆に大きくアップさせるのも難しいと思われます。ようやくおもしろくなってきたのに、『時すでに遅し』といった印です。あまりにも難解すぎた初回の展開をなんとかしていれば、もう少し視聴率低下に止めがかけられたかもしれませんね」(テレビ誌関係者)

 第6話から視聴率が持ち直したとしても、もはや2ケタに乗せるのは至難のワザ。最終的に、同ドラマは、日テレの「水曜ドラマ」史上、まれに見る爆死で終わってしまうことが濃厚。

 この数年、映画CMに出演しまくって顔を売ってきた広瀬だが、連ドラ演は15年1月期『学校カイダン』(同)以来、3年ぶりのこと。同ドラマ均視聴率は9.2%で、2ケタに届かなかっただけに、『anone』では高視聴率を獲得し、“ドラマ女優”としてランクアップを図りたかったはずだ。

 広瀬は、ヒロインを務めるNHK連続ドラマ小説-なつぞら-』が来年4月スタートする。それまでに、映画でなく、お茶の間での人気を確固たるものにしておきたかったわけだが、『anone』の思わぬ低迷で歯車が狂い、信号がともってしまった。

 現在、“格下”の広瀬アリスは、朝ドラ『わろてんか』で脇役ながら、存在感を発揮し、評価を高めている。このままでは、“お茶の間評”で、アリスとの立場が逆転しかねないだろう。
(文=田中七男)

日本テレビ系『anone』番組公式サイトより