3A成功を祝った投稿の“手書き五輪”が話題「央ちゃんらしいです」

 フィギュアスケートバンクバー五輪メダリスト浅田真央さんがインスタグラム更新央さん以来、平昌五輪で史上3人となる五輪でのトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させた長洲未来米国)への祝福が話題となったが、この投稿で掲載した可らしい“手書き五輪マーク”がファンから「央ちゃんらしいです」「可すぎて癒されました」と反を呼んでいる。

 浅田さんは12日にインスタグラム更新。1枚の画像を開した。に描かれたのは五輪マーク。しかし、は煌き、スマイルの顔、四つ葉ハートと異なるマークで描き、なんとも温かみのあるイラストとなっている。

 投稿では「平昌オリンピック 始まりましたね! 想いを込めて…」と記し、かつて自身も2度出場した夢の祭典の幕開けに際し、感情を表現したようだ。可らしい“手書き五輪”を見たファンコメント欄も大反となった。

ファン「可くて素敵です」「優しくて温かさ感じられる」

央ちゃんの優しさや温かさが溢れていますね」「可くて素敵です」「たくさんの思いがこもった手書き」「沢山の幸せ笑顔が広がっていくようで好きです」「優しくて温かさを感じられる五輪マークが可すぎて癒されました」「手書き五輪マーク央ちゃんらしいです」とのが続々と上がっていた。

 央さんはインスタ解説以降、「大人塗り絵」を定期的に更新し、優しい人柄が伝わる色使いを披露していた。今回の投稿では「未来ちゃん 3A成功おめでとう」と央さん以来、五輪史上3人となるトリプルアクセルを成功させた米国後輩を祝福したことも話題を呼んでいた。

 平昌五輪フィギュアスケートは14日から個人戦が始まるが、偉大な先輩ケーターも想いを寄せるリンクでどんな美しい戦いが繰り広げられるだろうか。(THE ANSWER編集部)

バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央さん【写真:Getty Images】