ロケットの破片がに落ち、核燃料が流出した影で、シベリアグロい“”に変わってしまった……!!」

 今、カザフスタンでは、突如姿を現した2匹のの話題でもちきりだ。しかもこの、まったくカッコ良くない。それどころか、とにかくグロい見たなのだという。では速、その写真を見てみよう。


■頭にが生えた突然変異のカワマス

……なんじゃこりゃ!? 頭に太いが生えている――それぞれ2本と4本だ。2匹とも、頭のサイズは人間の手よりも大きい程度。いた状態でこのサイズなら、生存中はもっと大きかったかもしれない。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/02/post_15955_entry.html

 の数が妙に少ない気がするのは筆者だけだろうか? 2匹ともこんな隙っで何を食べて暮らしてきたのか、まったく想像できない。プランクトンや小なら、の隙間から逃げてしまうだろうし……。

 同を流れるイルティでこの奇妙なを釣ったのは、現地の釣りファン男性だ。彼は奮気味にこう話す。

いつもの釣りべてキャッチがもの凄かったから、これは大物だぞ! とワクワクしながら釣竿を引きまくったんだ。すると、面から顔を出したのは変な。1匹は14キロもあって頭にが2本生えていた。もう1匹は半分の7キロだけど、の数は倍の4本。まあ、とにかくキモかったね」

 この2匹はもともと「カウカマス」だったとの説が有だが、グロく変わり果てた姿を見た地元住民たちは、「またイルティか……」と憤りを隠せないという。どういうことか?
 実は、ロシアではカザフスタンに向けてロケットを打ち上げる実験を行っており、その落下片がイルティに落ちる可性もあるという。破片から核物質が流出すると、それを吸収したの生態系にも少なからず影が出てしまい、突然変異を起こすと考えられているのだ。

 ちなみに、カウカマスには本来このようなは生えないため、明らかに外的要因が作用して突然変異を起こしたとみられている。その外的要因こそが「ロシアが打ち上げたロケット片から流れ出る核物質だ!」と、現地の住民や専門たちは確信している様子。


■「見放された地域」にある

 もともとイルティは、隣との間で利権がしっかりと取り決められてこなかった。その結果、中国キルギスタンウズベキスタンなどの近隣諸がこのに汚染を垂れ流し、放置してきた。諸外から流れ込む汚染の合計量は、もはや下の処理えており、カザフスタンの当地域では幼児を健康に育てるのさえ苦労する状況に陥っているそうだ。

 こうした「見放された地域」にロシアをつけたのかどうかはわからないが、「これほどの被害を受けているうえ、さらにロケットなんか打ち上げるから、グロまで生まれてくるのだ! もうやめて!!」と、地元住民が感情的になっても仕方あるまい。貧地域にとって、汚染物質をこれ以上川に流されることは、まさに死活問題なのだ。

 ちなみに、ドラゴンのようなこの2匹の釣り上げた男性は、頭部は切り離してサンプル用に保管したものの、胴部は食べてしまったという。今のところ身体に異変は現れていないようだが、数年後に突然、なんてことにならなければ良いのだが……。
(文=沢明)

イメージ画像は、「Thinkstock」より

イメージ画像は、「Thinkstock」より