第2の“はれのひ事件”になりそうだ。東京杉並区高円寺のギターショップ「バディサウンドワークス」で、客が修理などのために預けたビンテージ楽器が返されず、トラブルになっていることがわかった。「バディ――」のオーナーのY氏は昨年9月ごろに、突如店を畳んで“逃げ”。1本80万円以上のギターなどが行方不明となっている。

 一部始終を告発したのは「THE ALFEE」の坂崎幸之助プロデュースロックバンドインフィクス」でベースを担当する野間口浩だ。先22日、「絶対に許せない事」と題してブログ更新20年以上用していた1964年フェンダー社製ジャズベースが「盗まれてしまいました…おそらく転売されていてもうぼくのところには戻ってこないと思います」と告白した。

 野間口によると、20年来の付き合いがあるY氏から4年ほど前に「店のオリジナルブランドベースを作りたいので、ジャズベースを採寸させてくれないか?」と打診され、貸し出したものの、いまだに戻ってこないという。

 社会記者によると「当初、Y氏は『(採寸は)2週間くらいで終わる』と説明していましたが、その後態度が変し、あれこれ理由をつけては返却を断っていたそうです」という。

 不審に思った野間口が同店を訪れると、すでにもぬけの殻。Y氏とは音信普通で、野間口はブログで「はい、いわゆる逃げです」と漏らしている。

「野間口氏のベース20年前に80万円で購入したもので、現在は数倍の価格で取引されるビンテージ品。被害者は野間口氏のほかにも20人以上いて、すでに一部の楽器は換された可性が高い」(同)。

 Y氏はツイッターインスタグラムなどのSNS活用し、“仕事人間”であることを猛アピール。立ち続けの作業からか、痛持ちだったようで、昨年5月ツイッターでは「工房作業籠り&配達続きでヘルニア爆発しそうなので… ワイヤーでるされ空中ブランコして潤滑油を打ち込み中~ メンテ終わったら作業&ミッション再開するべ!!」とつづっていた。

 Y氏を知る人物によれば「音楽仲間も多く、信頼している人は多かったが、私生活では遣いが荒かったという情報もある。預かった楽器を質に入れたのも、生活費のためだろう」という。

 すでに被害者数名は警察被害届を提出済み。Y氏は周囲に「(楽器は)預かっているだけ」とこぼしていたそうだが、一部楽器が質に入れられていたことを警察把握している。ミュージシャンにとって楽器は高価な買い物であると同時に、“相棒”でもある。事に返ってくればいいが……。


イメージ画像は、「Thinkstock」より

イメージ画像は、「Thinkstock」より