米Googleは2月13日(現地時間)、「Accelerated Mobile Pages(AMP)」の技術をGmailに導入する「AMP for Email」を発表した。「Gmail Developer Preview」としてGitHubで公開した。

【その他の画像】

 AMPを採用したメールでは、例えばイベントへの招待メールにメール内で参加を申し込んだり、アンケートに答えたりできる。

 AMPは同社が2015年に立ち上げた、モバイルWeb高速化を目的としたオープンソースイニシアチブ。当初はパブリッシャー向けに、Webコンテンツの表示を速くすることを目的にしていたが、機能の拡張を重ねて今や「リッチなWebページを構築するための最善の方法の1つになった」とGoogle。

 Pinterest、Booking.com、スケジュール調整サービスのDoodleなどが、既にAMP for Emailを採用したメールを配信しているという。例えばPinterestはメールでユーザーにお勧めのピンを紹介し、ユーザーはメール内で自分のPinterestのアカウントに気に入ったコンテンツをピンできる。

 Googleによると、メールは自動的にアップデートされるので、ユーザーがメールを開くといつでも最新情報を確認できるという。例えばフライト情報のメールなどで便利そうだ。

メール内でイベント参加を申し込める