積⽔ハウス 総合住宅研究所が「男性事参加(パパ事)」の実態を調したところ、特に2534歳(アラ30)の男性事参加に積極的であることが分かった。子どもも一緒に、家族事をするために、住まいでどんな工夫をしたらよいだろう?【今週の住活トピック
「家事参加についてのアンケート調査」を公表積水ハウスアラ30パパ事参加に積極的

調は、⼦どものいるフルタイム勤務の既婚男性2060代)。炊事・洗濯・掃除といった王道事を「自分が行う」と答えたパパは、2534歳(アラ30 )が半数近くに達し、3544歳(アラ40)、4554歳(アラ50)、5564歳(アラ60)にべて実施率に⼤きな差があり、事参加に積極的であることが分かる。

【画像1】子どものいる男性事実施率(出典/積水ハウス事参加についてのアンケート調」より転載

パパが参加する定番事は、「ゴミ出し」「⾵呂掃除」「⾷器洗い」がトップ3。なかでも、アラ30世代はすべての項で実施率がトップとなり、幅広い事に参加していることが分かる。
一方、配偶者(妻)の事実施率が高いものは、「朝食食・夕食を作る」や「洗濯物を干す・取り込む・たたむ・しまう」など、技術や経験が必要で、時間もかかる事だった。

【画像2】自分(男性)が行う事の内容(出典/積水ハウス事参加についてのアンケート調」より転載

家族みんなで事参加」のために、住まいで工夫できる?

事を週に3回以上⾏う」事積極パパと「事をほとんどしない・まったくしない」消極パパに、「子ども事に参加させたい」かどうか聞くと、YES(そう思う・まあそう思う)の回答は、積極パパ68.5)のほうが消極パパ61.8)より高いものの、いずれも子ども事参加には肯定的だ。

ならば、子どもも一緒に家族事参加をするために、住まいの工夫も必要だ。

例えば、キッチンの高さは、女性の背の高さに合わせていることが多い。男性には低かったり、子どもには高かったりするので、踏み台などを使ったり、作業スペースを別に設けるなどの工夫をしたい。狭いキッチンに家族が入ると動線がぶつかって動きづらいといったこともある。広めのキッチンを選んだり、出入り口が1つではなく回遊できるようなものを選ぶと、「イライラ」も軽減されるだろう。

動線がシンプルなこともポイントだ。「ごみ箱に捨てる、ごみをまとめる、ごみを出す」とか、「洗濯物を洗う、干す、取り込む、たたんでしまう」など、事は一連の作業が続くことが多い。コーナーなどがあって、作業を集中的に行えたり、動線がスムーズだと家族も参加しやすいだろう。

収納についても、しまう場所をそれぞれに決めておけば「ママしか分からないから、家族はできない」といったことが避けられる。「ルールが守られないから、自分でやったほうがい」とママも思わないで、慢して見守ることも大切だ。

調結果では、事積極パパほど、「頑っていることを分かってほしい」と思っていることも浮かび上がった。パパ子どもが少しでも事に携わったときには、それを認めてあげることが、最も効果があることは間違いないだろう。


(山本美子)
(写真/PIXTA)