「地上でもっとも偉大なショーマン」と呼ばれた実在の興行師P・T・バーナムの半生を描いたミュージカル映画「グレイテスト・ショーマン」に主演したヒュー・ジャックマンと、共演のキアラ・セトルが来日し2月13日、東京・歌舞伎町シネシティ広場でスペシャルイベントを行った。

【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら

"ファン思い"として知られるジャックマンは、報道陣向けのフォトセッションを早々に切り上げ、寒空の下集まったファンとの交流を優先。サインや写真撮影に気さくに応じる"神対応"を見せると、会場は熱狂に包まれ、歓喜の声が上がっていた。

映画は、主人公バーナム(ジャックマン)が、ひげを生やした女性レティ(セトル)をはじめとするさまざまな個性を持つ人々を仲間に引き入れ、唯一無二のショーを作っていくさまを描いた。

ジャックマンは、集まったファンからの声援に「日本に来るのが大好きです」とニッコリ。「5年前にもミュージカル『レ・ミゼラブル』を携えて来ましたが、今回はまったく違った形のミュージカルです。日本の皆さんは本当にミュージカル映画を支持してくださるので、この映画もぜひよろしくお願いします」とアピールに務めた。

そして、第75回ゴールデングローブ賞で主題歌賞を受賞した主題歌「This is Me」を歌うセトルを、「今まで仕事をしたなかでも最高の女優で歌手、そして素晴らしい人間性を持っている唯一無二の存在、キアラ・セトルです」と劇中のバーナムさながらにステージに呼び来み、"ショーマン"ぶりを発揮した。

セトルは、「皆さんとこのときを過ごせて嬉しいです。この映画をぜひ楽しんでください」と挨拶。「This is Me」をパワフルに生歌唱し、会場を熱狂の渦に巻き込んでいた。

「グレイテスト・ショーマン」は、2月16日から全国で公開。

来日を果たしたヒュー・ジャックマンとキアラ・セトル