【元記事をASCII.jpで読む】

 第1回から第3回までは、「コーポレートサイト」の作り方を基礎から解説しました。第4回から第6回では、目的特化型で需要も高い「採用」にフォーカスします。第5回となる今回は、採用サイトを自社で公開する意味、代表的な職種別のアピールポイント、サイトの構成、テンプレート選びについて説明します。

1.採用サイトの作り方とデザインのヒント

 BiNDには採用サイトを作るのに便利なテンプレートがいくつか収録されています。今回はそのテンプレートを使ってカスタマイズしていきます。基本操作は第2回で説明しましたので、大切なポイントのみを解説していきます。

 ページ内容については、第2回で解説した方法にもとづき、各コンテンツブロックをていねいに変更していきます。ここでは、ポイントとなる部分を説明します。

 ページ内でもっとも目を引くのは、上部のキービジュアルとキャッチコピーです。まず、この部分を自社のイメージに合う内容に変更しましょう。

 BiNDを利用する場合、キービジュアルは、画面左上の「設定」ボタン(歯車のアイコン)から「ページ設定」のタブを開き、「ビルボード」の画像を変更します。「画像ファイルの選択」で、「写真フォルダ」にある画像を選ぶのが手軽です。自分たちで撮影した写真、無料素材や有料素材を用意し、「ユーザーフォルダ」にアップロードしたものを使うのもよいでしょう。

 キービジュアル上のキャッチコピーは、ブロックエディタから編集できます(ブロック左上の「編集」をクリック)。右側の画像の部分の「編集」をクリックすると、BiNDクラウドに用意されている画像編集ツール「SiGN Pro」が開くため、キャッチコピーのテキストが直接編集できます。編集が終わったら「完了」「適用」をクリックすると、ページに反映されます。

 コーポレートメッセージやブランドメッセージなど、最近のキャッチコピーのトレンドには、「句点(。)をつけて言い切り感を強める」「英語(カタカナ語)に頼らず、日本語の語感を活かす」といったことがあります。ミライフォースでは、「Make a New User Experience.」という英語を飾りとして用いながら、日本語では「あなたとつくる、顧客体験のミライ。」としました。

 ここで「つくる」をひらがなにしたのは、有形のモノを「作る(制作する)」だけでなく、無形の体験などを「創る(創造する)」という意味を込めたいと考えたからです。また、「ミライ」は「ミライフォース」という社名にかけて、漢字ではなくカタカナにしました。

 さて、ほかのブロックも同様に、1つひとつていねいにカスタマイズしていきましょう。

 なお、自分でビジュアルを用意するのが難しい場合は、デジタルステージのテンプレート素材提供サービス「materials」を活用するのがオススメです。1000万点以上の素材が揃っており、ポイントを使えば無料で利用可能です。

 またフォントは、画像ではなくテキストとして表示される「Webフォント」を使うと、検索エンジンに対する内的SEOの効果が期待できます。FONTPLUSが提供する500書体近くもの日本語フォントが使えるので、キャッチコピーの持つ言葉をより印象的にするのにとても役立ちます。

2.3職種の募集要項を書く

 エンジニア、デザイナー、セールス/マーケティングの3職種に対するアピールポイントは、第4回で解説しました。以下、ミライフォースでの3つの募集要項文言を具体的に見ていきましょう。

 以上のように、「担当業務の説明」「必要なスキル」「歓迎するスキル」「給与」の4つを含めることにしました。特にスキルについては、“must have”と“nice to have”を分けることで、より確度の高い応募者が集まるように工夫しました。

 なお、すべての職種に共通の「応募資格」や「福利厚生」などについては、直前のブロックに載せることにしました。通り一遍の内容だと見た人の記憶に残らないので、アピールポイントとして「カフェのようなオフィススペース」「東京と札幌支社でのマルチワーク」「札幌支社では、夏はビルの屋上で花火見物/ビアガーデン至近」という、ミライフォースならではの内容を含めてあります。

 数ある会社の中から自社を転職先として選んでもらうには、何か「決め手」が必要です。とはいえ、人によって決定打は異なるため、さまざまな角度から会社の魅力を伝えることが大切です。

3.採用エントリーフォームを用意する

 次は、ページの下部に採用エントリーを受け付けるための入力フォームをBiNDで用意してみましょう。

 BiNDのフォーム機能「Smooth Contact」にはあらかじめニーズの高いフォームのテンプレートが用意されています。その中で今回は「採用応募フォーム」を選択しました。必要な入力項目がひととおり用意されていますので、募集職種などを自社に合った内容にカスタマイズしましょう。不要な項目は削除してかまいません。

 次に、デザインを決めましょう。ボタンの色や形などを簡単に変えることができるので、サイトの雰囲気と合うものに変更します。

 通常の問い合わせフォームなどとは異なり、採用応募フォームではさまざまな項目を入力してもらう必要があります。このような場合でも、「住所」には「履歴書などの返送に利用します」、「電話番号」には「面談日時の調整などのために必要です」といった但し書きをつけておくと、応募者の安心感が増すでしょう。


(提供:デジタルステージ)

問い合わせが来る採用サイトのポイントとは