博報堂アイ・スタジオとソラコムは2月13日、アウトドアアクティビティにおけるIoTを使った新しい体験の提供を目指し、両社のテクノロジーを掛け合わせ、来訪者の位置情報を可視化する弁当箱「LifeLineLunchBox(ライフラインランチボックス)」のコンセプトプロダクトを開発。コンセプトサービスとして、2018年2月19日から2月21日までの3日間、かぐらスキー場にて無料体験イベントを開催することを発表した。

同プロダクトは、IoTデバイスを生活者がランチをとる際に日常的に愛用している「弁当箱」と結びつけることで、より日常の生活に近い形で安全対策がとれるように開発されたもの。来訪者は、旅行の際に地場の食材を使った料理が入った本ランチボックスを携えるだけで、位置情報を外部に知らせることができ、安心、安全なアウトドアライフを楽しめる。

利用者は専用のWebサイトからライフラインランチボックスの利用を申し込む。利用対象地域の弁当屋が地場の食材を使った弁当を制作するので、利用者は配達された弁当箱を持って山に入り、アクティビティを楽しむだけ。食事の後は弁当箱についた「ごちそうさまボタン」を押して制作者に気持ちを送信する。万が一道に迷った際にはHELPボタンを押して自分の位置を外部に連絡することが可能だ。

同プロダクトは、博報堂アイ・スタジオが提供する位置情報可視化サービス「TREK TRACK」とソニーセミコンダクタソリューションズが提供するLPWA方式の無線システム、ソラコムが提供するデータ収集・蓄積サービス「SORACOM Harvest」を組み合わせることで実現した。

体験イベントは新潟県南魚沼郡にあるかぐらスキー場のスノーマンレストラン内で実施される。期間中はイベントブースを設け「TREK TRACK」デバイスの貸し出しも行うという。位置情報取得エリアは新潟県南魚沼郡湯沢町、群馬県谷川岳連峰だ(地形により電波が届かない場所があるという)。
(安川幸利)

画像提供:マイナビニュース