2月8日放送の「SCHOOL OF LOCK!」(TOKYO FM)で、今年3月での“番組卒業”を発表したきゃりーぱみゅぱみゅ2015年から同番組でパーソナリティを務めていた彼女は「本当は(卒業が)嫌だ」と率直な気持ちを吐露。そのうえで「これは悲しいお別れじゃなくて、世界中でワクワクするものを探すための“ハッピー卒業”」とった。

 番組卒業を前向きに捉えている彼女だが、今後ののりは決して明るいものではないようだ。現在彼女について「芸活動で最大の苦を迎えていると言ってもいいと思いますよ」とるのは芸関係者。続けてもらおう。

「最近ではめっきりテレビ出演が減り、CDもまったく売れなくなってしまったため新曲のリリースストップしている状態です。今回も“卒業”と表現しているものの、実質的には“打ち切り”同然。今後、いつ“仕事ゼロになる日”が訪れてもおかしくないと囁かれています」

 彼女の凋落について「2015年紅白落選が大きなターニングポイントとなった」と摘する同関係者は「もうひとつ“過去の人”になった転機がありましたね」とる。

 その転機とは──。

「交際していたSEKAI NO OWARIFukaseとの破局です。当時、別れのショックから彼女自身が芸活動の意欲を失ってしまったとも言われていた。いずれにしても、今後、過去きを取り戻すのは極めて難しい状況です」

 きゃりーぱみゅぱみゅに囁かれる“仕事ゼロになる日”。はたして、大復活の可性は──。

白川健一

アサ芸プラス