オードリー春日俊彰東大受験計画が、夢半ばにして頓挫した。2月8日放送の「得する人損する人」(日本テレビ系)で春日は、センター試験の結果を発表。成績は900点満点中448点だったが、春日が志望する東京大学の文科一類は第1段階選抜の合格最低点(足切りライン)が582点だったため、あえなく“予選敗退”の結果に終わったのである。番組で開された春日の成績は、得点率の高いほうから国語148点(200点満点)、地理B66点(100点満点)、生物基礎30点(50点満点)、日本史B51点(100点満点)、地学基礎25点(50点満点)、英語76点(200点満点)、数学IA32点(100点満点)、数学IIB20点(100点満点)。この成績について大学受験に詳しいライターが解説する。

均点をえた国語偏差値62.4で、なかなか優秀な数字です。その一方でワースト3のほうは英語が38.4、数学IIBが36.2、数学IA34.0と絶望的な数字ばかり。これでは東大はおろか、ほとんどの公立大学で合格はおぼつかないでしょう。そんな春日の成績はまさに大学受験現実を反映していますね。国語地理では一般生活で得た知識を活用すればある程度の点数が見込めるのに対し、英語数学では基礎を固めないことには応用問題を解くことは不可能。逆に言えば英語数学が必須の学部では、数カ程度の受験勉強で合格することはほとんど理なのです」

 今回は残念な結果に終わったが春日は少々意外だが日本大学商学部出身の大卒芸人日大二高卒業しているが、内部進学に必要な評定点が足りず、3カ間の受験勉強で一般入試に合格したという。それでも今は、センター試験英語偏差値40未満だったわけで、基礎学力の維持がいかに大変かわかろうというもの。そんなふうに春日センター試験で惨敗する一方、謀にも青山学院大学挑戦をブチあげてきたのが田村淳だ。2月8日には、前日に実施された「全学部日程」の受験を終えたとツイート現代文日本史は手応えがあり、英語も初めて時間内に解き終えたと報告している。今後は個別学部の受験に挑んでいくが、前出のライターが続ける。

現代文日本史に『手応えあり』というのは、すでに説明したようにこれらの科は一般知識をベースにある程度の点数が見込めるので、ある意味当たり前。この二科ですらおぼつかないようであれば、そもそも受験自体が謀すぎます。そして英語についても『解き終えた』としていますが、はっきり言って青学長文読解や英作文がたった100日足らずの受験勉強でクリアできるはずがありません。大卒の春日でさえ国語均点以上をクリアし、英語は惨敗だったのですから、田村受験結果も推して知るべきでしょう」

 社会人が学び直すことの重要性を旗頭にしている田村。みずからの受験テレビ番組にしていることについては「受験企画にするのは結果だけだと伝わらないことが多い」と言い訳しているが、謀な受験を見世物にしたうえで全敗した時に、いったい何が伝わるというのだろうか。今回の受験企画をどう総括するつもりなのか、今から行く末が危ぶまれるところだ。

金田麻有)

アサ芸プラス