福島県いわき市は13日、東日本大震災の津波で被災した沿岸5地区で整備している宅地838区画のうち、昨年末までに96%(802区画)を地権者に引き渡したと発表した。6月までに全宅地の引き渡しを完了する予定。ただ戻ってこない住民も多く、引き渡し済み区画で住宅再建に着手したのは4分の1にとどまっている。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

整備された平豊間地区の宅地。住宅が建っていない区画が目立つ=福島県いわき市平豊間で2018年1月19日午後1時41分、乾達撮影