日本郵船は14日までに、中国の子会社で業務上横領などの疑いが浮上し、同日に期限を迎える第3四半期報告書の提出を延期する可能性があると発表した。純損益への影響額は総額20億円程度を見込んでいる。