リード エグジビション ジャパン株式会社は、2018年2月21日(水)から23日(金)までの3日間、インテックス大阪にて「第8回 関西 医療機器 開発・製造展」を開催いたします。
経済産業省における医療機器産業政策によると、日本の医療機器市場規模は、2004年以降 増加に転じ、10年後の2014年には約2.8兆円となる程、過去最大の市場規模へと達しています。
この医療機器市場(約2.8兆円)のうち、金額ベースでみると、カテーテルやペースメーカー等といった治療機器が50%以上を占有。注射器、カテーテル、手術器具に代表されるように、針や微細パイプ、チューブの需要は年々増えています。
そこで本展では、今年から「針・パイプ ゾーン」と「チューブ ゾーン」を新設。あらゆる特殊品が集まる、見どころ満載のエリアです。ぜひご来場ください。

配信元企業:リード エグジビション ジャパン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ