福岡市のテレビ局「福岡放送(FBS)」は14日、自社ホームページ(HP)が外部からサイバー攻撃を受け、番組やイベントのプレゼント抽選に応募した153人のメールアドレスを盗み見られた可能性があると明らかにした。その他の個人情報流出は確認されていないという。HPへの攻撃は昨年6月から度々あったという。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら