イベントといえばフェス になると音楽フェスはもちろん、たくさんの野外イベントに出かける方も多いのでは? そんなときにも楽しみたいのがファッション


ただし、フェスを楽しむためにはその場に合わせたコーディネートが大切です! そこで今回は女子フェスで気をつけたいポイントとおすすめのスタイルをご紹介します。普段とは違うフェスならではのコーデを、友達や彼氏と一緒にぜひ楽しんでみてください

サンダルNG! 動きやすくてかわいいスニーカーチョイス
フェスに行くと時々見かける、サンダルヒール女子。たしかにサンダルヒールらしくてかわいいのですが、フェスでは残念ながら避けたいアイテム
当てのアーティストを近くで見たい! となるとかなりの人混みに突入しなければなりません。そんな中をサンダルヒールでいると、素足を踏まれてケガをしたり、サンダルが脱げて行方不明になってしまう可性も……!? ヒールは、他の人の足を踏んでケガをさせる可性が高いので危険です。一緒に行った友達や彼氏に気を遣せず、マナーを守るためにもスニーカがおすすめ



最近はとってもかわいいスニーカーもたくさん! 普段はスニーカーを履かないという方も、ぜひこの機会にチャレンジしてみては? 

フェスにぴったりのスニーカー



靴紐なしのタイプならほどける心配もなく、気にせず歩きまわれて安心
靴紐がないタイプのスニーカーもおすすめ! かわいい靴紐が気にならないので、フェスをめいっぱい楽しめちゃいます




モノアイテムなら、汚れも立ちにくくてお立ち度も大!
またはど土などで汚れやすいので、フェスならではのカラフルなスニーカーを選ぶのも◎。




動きやすいショートパンツハーフパンツかわいい
フェスには、動きやすくてかわいいショートパンツハーフパンツがおすすめです フェス定番のTシャツやチュニックなどとの相性もバッチリ

暑がりさんには通しの良い素材パンツがおすすめ
フェスではとにかくよく歩き回りますし、暑さも厳しいので、できるだけ通しの良い素材のモノを選ぶのがおすすめです。ユニクロリラコなども通しが良く涼しいのでフェスに最適 丈感に加え、汗をかいても着心地が悪くならなさそうなものを選んでみてくださいね




おすすめのボトム




日焼け対策にはレギンスを合わせて予防を!
ハーフパンツなどは涼しく過ごしやすいですが、場のフェスは日差しもかなり強いのでUV対策はしっかりすべし。できるだけ日焼けを避けたい方はレギンスを合わせてみて! 



また、スカートワンピース着るときにもレギンスを合わせるのがおすすめです。スカートだけだと地面に座りにくいだけでなく、ライブ中に痴漢の対になる可性もあるので注意が必要! 手柄のレギンスを合わせれば一気にフェス感も増しますね♪



おすすめのレギンス



帽子をかぶりやすいヘアスタイルで、かわいくアクティブ
フェス会場で、なめていると痛いを見るのが直射日光ギラギラと容赦なく降り注ぐの日差しを長時間浴びていると、熱中症を引き起こす可性も……。そんな事態を避けるためにも欠かせないのが、帽子なのです。



ただし高い位置でのポニーテールは、ライブ中に周囲の方に当たってしまう可性もあるので、ツインテール三つ編み、低い位置でのお団子などにするのがおすすめです

ショートの方におすすめの帽子
肩にかかるかかからないくらいの長さの方なら、外ハネアレンジキャップを合わせて元気よく



ロングの方におすすめの帽子
フェスはとても暑いので、ロングの方はできるだけまとめにするのがおすすめ。つばが広めの帽子に、ゆるお団子やさくっとまとめたポニーテールなどの相性は抜群 涼しくなってきたら髪の毛をほどいて、ゆるウェーブのダウンヘアとあわせてもかわいいはずです




荷物は最小限に!体に密着できるポーチやメッセンジャーバッグがおすすめ
フェスでは、手荷物をできるだけ最小限にするのがマナー。大きなバッグやリュックは、周りの人のジャマになりやすいので控えましょう! せっかくのライブ中に大きなバッグを持っていると「この人何しに来たの?」とで見られたり、自分自身も荷物が重たくて大変です。




フェスにぴったりなバッグ
荷物を預けられるところも多いので、ライブ中の移動用バッグを持つのがおすすめ。ウエストポーチやメッセンジャーバッグであれば使いやすくてかわいいですよ






フェスにはTシャツタンクトップ、動きやすいボトムスにスニーカーなどがぴったりです! 普段はなかなかできない、フェスならではのファッションを楽しむことができる場でもあります♪ 友達や彼氏と一緒に最高の思い出を作れるように、その場に合ったコーディネートを心がけてフェスを楽しみましょう
(AKKO)