スペイン紙が報道、敵地カンプ・ノウで前半を枠内シュートゼロに抑える

 日本代表MF柴崎岳が所属するヘタフェは、現地時間11日に行われたリーガ・エスパニョーラ第23節の敵地バルセロナ戦を0-0のスコアレスドローで凌ぎきった。ヘタフェは今季、昇格組ながらリーガで3番目に少ない失点数(21失点)を誇るが、スペイン紙「マルカ」は、この試合でジョゼ・モウリーニョ(現マンチェスター・ユナイテッド監督)体制当時のレアル・マドリードが成し遂げた“ある記録”に並んだとしている。

 この試合、バルサはセンターバックに負傷者が続出したものの、前線にはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやウルグアイ代表FWルイス・スアレス、そして新加入のブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョらを並べる豪華な陣容で臨んだ。それに対してホセ・ボルダラス監督率いるヘタフェは、前線からのプレスと後方での守備ブロック構築を巧みに使い分け、バルサの攻撃を手こずらせた。

 これによって生まれた一つの記録が、「前半45分間、バルサの枠内シュート数がゼロ」というものだった。

 じつはこの数字、リーガに限れば2012年4月21日にモウリーニョ監督率いるレアルが敵地カンプ・ノウに乗り込んだ“エル・クラシコ”で、完璧に封じて以来のものとなった。同紙はその“偉業”について「ボルダラスはモウリーニョを模倣した」とのタイトルで、それぞれのイレブンを列記している。

当時のレアルは各国代表メンバーが勢揃い

「当時のマドリードのスタメンはカシージャス、アルベロア、ペペ、セルヒオ・ラモス、コエントラン、シャビ・アロンソ、ケディラ、ディ・マリア、エジル、クリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマだった。一方ヘタフェはこの舞台で、グアイタ、ダミアン・スアレス、ブルーノ、ジェネ、アントゥネス、ファジル、アラムバリ、ポルティージョ、(柴崎)ガク、アマト、アンヘルで成し遂げた」

 強豪国のメーンキャストがずらりと名を連ねたレアルに対して、ヘタフェは柴崎を含めて世界的なビッグネームは皆無だ。それだけに、ボルダラス監督とチームの戦術的な規律の高さが窺える。この試合で柴崎は二度のシュートチャンスを生かしきれず無得点に終わったが、鮮烈なスーパーボレーを決めた第4節のホームでのバルサ戦(1-2)以上に、チーム全体としては評価されているようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

柴崎所属ヘタフェがバルサ戦で達成! モウリーニョ時代のレアル以来となる記録とは?