六本木のバーに超絶グルメなアラサー女子がいる、という噂を聞きつけたSuits WOMAN編集部。そのアラサー女子は、どうやら年間700軒の外食、年間新規店300店の食べ歩きをしており、月に2回は予約困難店の地方での食べ歩きをしながら、現在ではそれを元に様々なジャンルの飲食店のプロデュースを手掛けているとか……。大企業の社長やセレブリティーたちも「どこのお店がオススメ?」と尋ねてくるという、歩く「食〇ログ」状態の彼女・アイさんにその「お食事力」の秘訣を伺いました。

相手に気を使わせないことが最大の気遣い

なんでアイさんは、そんなにたくさんのセレブやグルマンたちにお食事に誘われるんですか?

「可愛い子が溢れてる中で、なぜこんなにも誘っていただけるのかって?別にもう若いわけでもないのに(笑)。もし何かがあるのだとしたらそれは、私とお食事をすることでおそらく得るものや、興味をもっていただいたからだと思います。

一緒にお食事をして、楽しいな、楽だなって思ってもらえること。そしてなにより、相手に気を使わせないこと。相手に気を使わせないことは一番の気遣いだと思いますね。相手にとって楽ちんでいて、相手に入り込みすぎないこと。なんの仕事をしていようが、歳もどこに住んでるかも別に聞かない。関係ない。ただ楽しい!って思ってもらい、そこから興味をもってもらうことからスタートしますね。

そして、先方が何を食べたいかをだいたい聞いてくれるので、その時なんでもいいとは言わずに“〇〇を食べたい、このお店に行きたい!”と、はっきり言います。
男性は叶えようとしてくれたり見栄をはる方が多いので、そこに行くのが無理な時は“お金がきつい”なんて言ってきません。(だいたい、体調が悪い、最近外に出ること控えてるなど言ってきますね)」

食事の場で、次の約束をする

編集部に来たお悩みに「1回はお食事に行くけど、2回が無い」というものがあります。1回きりにならないためには、どうしたらいいですか?

「そうですね、一度お食事に行くとだいたいはお食事の最後、またはそろそろ帰りたい時に、“次はいつ行くか”、“どんなメンバーで行くか”“どこのお店に行きたいか”をその日に決めちゃいます!!“明日またお店に確認して連絡しますねー!”っていう感じです。次の日にお礼の連絡と一緒に“昨日話してた話で、どこどこのお店、何月何日に予約取れました!お店空いてました!”てな感じで、次の約束を確定します。

私の場合は、極力自分から恋愛の話や家族の話なんて、そんなつまんない話しません(笑)。聞かれたら答えますが、長々べらべらと喋るようなこともしません。自分の理想論→どんな男性がいい、どんな生活をしたいなんて意見がぶつかるし、意見が合わないとそこで興味をもたれなくなるので。

過去の恋愛話なんて、盛り上がるわけもないじゃないですか。ましてや彼女いようが家族いようが、食事には関係ないので(笑)。そんな話は、本当に仲良い人だけにすればいいのです。
ただ日常の話や、オチのある 楽しい話をした方が、男性はいつまでも少年なので絶対楽しいんです。食事で会話を楽しむのもひとつの目的です。

あとは、一回ずつお箸を置いて話を聞くことや、会話しながらテーブルは絶対に綺麗にする、ドリンクを聞くなどの気遣いも大事。男性は見てますよ。私はもう身についてしまって、自然に徹底してしてます。

あ、でもここまでのお話は、恋愛感情抜きの場合。デートの場合は、私は気まずいのでカウンター席で、自分の知ってるお店、スタッフが仲良いお店を選びます。男性に選んでもらう場合も、リクエストされたら“あったかい顔なじみのお店がいい!”と言います。なるべく“友達誘っていい?”と聞いて、4人になるようにしちゃっていますね」

偉い人とのお食事は、相手を「偉い」と思わないこと

大企業の社長や業界のドン的な人ともお食事に行かれるそうですが、偉い人と一緒にお食事するなんて緊張しませんか?上司とマンツーとか、絶対無理です……。

「偉い人とのご飯……緊張しますよね。私も最初は緊張したし、味しなかった経験ありです!どんどん目上の方との食事を増やして慣れていったのもありますが、今はだいぶ緊張しなくなりました。秘訣は、偉い人を偉いと思わないで、尊敬する一人間と思うようにしました(笑)。

構えすぎてかっこつけたり、良いことを言おうとしないでいると、自然と自分を出せるし、尊敬する一人の人間だと思うと、どんどん相手に興味が湧いて、相手のことが知りたくなって、いいところを吸収したくなって、相手からたくさん話してくれるようになるんです。

私は、ふざけたことと真面目なことを織り交ぜて話しています。自然にですが、ずーっと真面目でも、ずっとふざけててもつまんないかな、と。それだけですが(笑)。

あ、でも、偉い人とお食事をする上で実践した方がいいことや、心得ておくべきこと、役割があります。今からお教えする3つのどれかは、必ずやるようにしてみるといいですよ!

(1)テーブルの上を見る

テーブルの上を見ていきましょう。食事中、みんなでワイワイしている中で、お酒はある?氷がとけてたら、追加してもらう?そもそもテーブルの上はキレイになっている?おしぼりは汚れてない?新しいお皿はある?などなど。

(2)しゃべる

せっかくのお食事ですから、食材に対しての質問やソースは何が入ってるかなど、お店の方を含め質問してもいいかと思います。私は食べるのが大好きなので、すぐに質問してしまうのですが、お店の人ともお食事のお相手とも会話の幅が広がりますよ。

(3)可愛くあれ

可愛い子は、その場にいるだけで盛り上がりますよね(笑)。ルックスの可愛さも大事ですが、愛嬌があるのも可愛いの一つ。可愛い子を見慣れてる男性も、なぜかそうではない子と付き合ってる場合があります。愛嬌です!
笑顔でいることや、食事中に“おいしぃーー、もっと食べたい!”って言ってる子は、やはりまた男性も食事に誘いたいのではないでしょうか?」

いかがでしたか?堅実女子のみなさんも、ぜひ試してみてください!

アイさんの一番好きな食事は鮨。鮨屋に行くためだけに飛行機のチケットを買うこともあるとか……。
関連画像