「普通に歩いているのになぜか足をくじく」そんなワンシーンを描いた漫画が「あるある」と話題です。

【その他の画像】足をくじく漫画

 投稿したのは、comicoで『すきあい』を連載中の漫画家・かなめもにかさん。何もない道路を友人と並んで歩いていたとき、突然足をくじいてしまいます。思わず「えっ何!?どうしたの!?大丈夫!?ww」と笑いながらも心配する友人に、かなめもにかさんは「大丈夫よくある」と返します。

 石などの障害物につまずくのではなく、何もないところで足首を内側にひねってしまい、転んでしまうという現象。日常的にこの現象に襲われるかなめもにかさんは「くじかない歩き方をおしえてほしい」と訴えますが、友人は「本能的に…歩いてるだけだよ」と困惑気味です。パッと見普通に歩いているのに、なぜ転んでしまうのか……。

 この漫画を載せたツイートは1万回以上RTされるなど大きく拡散され、「あるあるすぎてやばい」と共感するリプライが集まり、「足先を外に向けて歩く」「足首のストレッチと踵(かかと)から接地する」「爪先が重い靴を避ける」「内側に体重をかけるイメージで歩く」など、経験者による対処法の声も集まりました。

 大きな事故やケガにつながる前に、くじかない歩き方を身に付けたいところですね。

いきなりグキッってなるんですよね……