●滝沢秀明からポンコツDに握手
注目を集めるテレビ番組のディレクター、プロデューサー、放送作家、脚本家たちを、プロフェッショナルとしての尊敬の念を込めて"テレビ屋"と呼び、作り手の素顔を通して、番組の面白さを探っていく連載インタビュー「テレビ屋の声」。

今回の"テレビ屋"は、TBS系バラエティ番組『クレイジージャーニー』(毎週水曜23:56~)の演出を務める横井雄一郎氏。危険地帯に乗り込んでいく"クレイジージャーニー"たちが、なぜ番組ディレクターの同行取材を受け入れるのか、その秘密を聞いた――。
○カメラが蹴られて吹っ飛んでいく

横井雄一郎1981年生まれ、神奈川県出身。法政大学卒業後、04年にTBSテレビ入社。『学校へ行こう!』『リンカーン』『ドリームマッチ』『キングオブコント』などをへて、現在は『クレイジージャーニー』で演出、『水曜日のダウンタウン』でディレクターを担当。

――当連載に前回登場したテレビ朝日『人生の楽園』の森川俊生プロデューサーが、「テレビ局も安全基準に敏感になっている中で、一見闇雲に危険な道に突っ込んでいるようで周到なリスクコントロールをしているはず。その秘密や、どういう取材体制を組んでいるのか」と気になっておられました。

答えはすごいシンプルなんですけど、旅のプロであるジャーニーのリスク管理に従っているだけなんです(笑)。危険なところに行って、そこの空気感とか、これはカモにされてるなとか、相手の仲間同士で連絡が回っちゃってるなというのを、現場でジャーニーがリアルに感じ取って、行こうか引こうかと判断しています。

――番組側でなにか基準を設けていることはあるんですか?

基本的には、外務省の渡航情報で退避勧告の国には行かないことくらいですね。例えば、ブラジルのスラム街・ファベーラのギャングの撮影の時なんか気をつけようがないので、コネクションを持っている人とちゃんと密に信頼関係を築いてやるっていうことですね。バーンって銃で撃たれることもあり得る環境らしいので。そんな中でも、極力カメラは回したいと思っています。臨場感とか、回せない理由が撮れるようにしてますね。14日(今夜)の放送でも、カメラが蹴られて吹っ飛んでいくみたいなことがあって、それでロケは撤退しましたし。

――現地の取材体制は、ジャーニーと同行ディレクターの他にもスタッフがいるんですか?

ケースバイケースですが、基本はその2人ですね。あとは現地の通訳や移動のドライバーがいたりいなかったり。カメラは、ディレクターのハンディと、GoPro(小型カメラ)をつけて"2カメ体制"になってます。だから、旅に行って帰ってくると、ジャーニーとディレクターがすごい仲良くなってるんですよ。

――滝沢秀明さんもそうでしたか? 同行ディレクターは「ポンコツ」と言われていましたが(笑)

そんな2人にも絆ができていて、帰国の日に空港に迎えに行ったら、滝沢さんの方からディレクターに握手をして帰っていったんですよ。そんなところを見ると、「あぁかっこいいし、うらやましいなぁ」と思いますね。あんなに「ポンコツ」って言われていたのに、収録の時なんかはディレクターが「編集こんな風になってます」みたいなこと言うと、「もう任せてるよ」っていう感じで、信頼関係ができてるんですよね。

――そうすると、危険地帯ジャーナリストの丸山ゴンザレスさんや、奇界遺産フォトグラファーの佐藤健寿さんなど、おなじみのジャーニーには、決まりのディレクターが付くんですね。

そうですね。よく出てくださる人には、相性やリズムが合うディレクターがいつも付いてます。旅は人間の本質が出るので、カメラの回ってないところでうまくいかないこともあったり、待ち時間でせっかちなタイプの人がいたりしますからね。

○選ばれし"ロケ猛者"たち

――そのディレクターは、全部で何人くらいいらっしゃるんですか?

実は結構少なくて、6人くらいです。それでローテーションで旅に行ってもらってます。

――選ばれし6人ですよね。

ロケが好きで、どうなるのか分からないことを楽しんでいる人が多いですね。それと、人やモノに興味がある人。それが大前提だと思いますけど、"ロケ猛者"たちですね。

――志願してくる人もいるんですか?

やりたいって言ってくれる人はいますし、やってることを誇りに思ってくれている感じもありますね。「あれは俺が撮ってきたんだ!」という気概があります。

●松本人志とジャーニーがリスペクトし合う空間
――あらためて、『クレイジージャーニー』の誕生のきっかけを教えてください。

企画書がなかなか通らない時期があって、そんな時に合田(隆信)部長に「おまえが好きなことを今一度突き詰めて、もう1回考えてみろ」って言われたんです。それでシンプルに考えたら、僕は「旅」と「松本人志」さんが好きだったので、それを合体させたのがこの企画なんです。松本さんは好奇心旺盛ですが、飛行機はあまり好きじゃなくて外国に行かれないので、僕が一人旅でドキドキしたインドの路地裏とかを見せたら、どんな反応をするんだろう、そのキワキワを知っているクレイジージャーニーたち会わせてみたらどうなるんだろう…というのが始まりです。

――実際に、松本さんのVTRのリアクションや、スタジオでのジャーニーとの掛け合いを見て、手応えはいかがですか?

一番良かったのは、ジャーニーに対してのリスペクトがすごくあるということでした。お笑いを極めた芸能界のトップの人が、訳の分かんないことやってるけど1つのことに打ち込んでいる人に終始敬語ですごくリスペクトがある。そうするとジャーニーも認められていると感じて、極めた者同士がリスペクトし合って話すので、空間として良いんですよ。収録が終わった後、ジャーニーはみんな「楽しかった」って言って帰っていきますからね。

――松本さんの新たな一面が見られる番組だと思います。

そうですね。松本さんの質問で、僕らが打ち合わせで知らなかったことが収録でどんどん出てきたりするんで、それはリスペクトし合っている空間だから、ジャーニーも急にスイッチが入って、思いもよらないことをしゃべってくれるんだと思います。ジャーニーって、人によっては少し偏屈だったりもするんですよ(笑)。でも、この番組では、そんな彼らがイロモノじゃなくて、すごくリスペクトを持って話を聞いてくれるんだ…と感じるみたいで、気持ち良くしゃべってくれるんですよね。

――他にもバナナマンの設楽統さん、小池栄子さんがMCでいらっしゃいます。意外な組み合わせだと思うのですが、この3人になった狙いはなんですか?

新しい座組でやりたいというのはありましたね。設楽さんはよしもとではないので、松本さんとガッツリ一緒にやることもなかったですし、小池さんはバラエティで相当な腕の持ち主ですが、女優業をメインにしていたところで、あえてアプローチしてみようと思ってオファーしました。

――3人の衣装ですが、白のシャツにジーンズという出で立ちには、どんな狙いがあるんですか?

あれは、僕の中で勝手にあったオシャレな旅人のイメージというだけなんですけど、周りからは「ダークでショッキングな映像が多いから、あえて白で清潔感を持たせたんだよね」って、思わぬ効果を言われたので、そっちでもいいやみたいな感じです(笑)
○"ジャーニー・ネットワーク"からの紹介も

――なるほど(笑)。これまで登場した中で、印象に残ってるジャーニーの方はどなたですか?

ファベーラのギャングを撮影する写真家の伊藤大輔さんは、いろんな意味で面白かったです。キャラクターも「俺の撮る写真はさ!」みたいにオラオラと自分マインドが強くて、終始ロケ撮影もスタジオ収録のやり取りもそういう感じで印象に残っています。旅の内容も含めて、クセが強い"ザ・クレイジージャーニー"だなって思いましたね。

――ジャーニーの方は、どのように見つけるんですか?

本屋に行って変わったタイトルを見たら読んでみて会うっていうパターンと、最近はジャーニーがジャーニーを紹介してくれるという良いサイクルができてます。"ジャーニー・ネットワーク"ってすごいんですよ(笑)。「本は出してないけど、こういうのに打ち込んでるヤバい奴がいるよ」って紹介してくれて、ハマることもありますね。
○偏屈であればあるほど収録が面白い

――この連載で『マツコの知らない世界』の坂田栄治さんや、『しくじり先生の』北野貴章さんが、自分から売り込んでくる人は、あまり面白くないと言っていましたが、『クレイジージャーニー』でもその傾向はありますか?

それは一緒ですね。こっちの勝手な希望ですけど、どこか打算的でない人であってほしいというところがあるんですよ。自分のやりたいことだけに純粋で、その思いが強い人の方がクレイジーである可能性が高いので、「『クレイジージャーニー』に出て有名になろう」と考えてる人にその可能性は低いです。そういった意味で言うと、偏屈であればあるほど収録も面白いので、ちょっとMCの3人も肩回ってる感じがするんですよ(笑)

――"偏屈"の面で印象に残っている方は?

偏屈ではないですけど、印象的だったのは、犬ぞりレースの本多有香さんですね。テレビ出演とか全く興味ない方だったので、あらゆるネットワークを使ってアプローチして、ようやく出演していただいたんですけど、ディレクターも「全然しゃべってくれないかも!」という感じで収録に来たんです。それで、松本さんたちに「今日の収録は、ちょっとどうなるか分からないですけど、すごく思いが強い方なんです」って説明したら、「分かったわ~」みたいな感じになって本番が始まったんですけど、収録が終わると本多さんは、それまで見たことなかった笑顔で「楽しかった」って言って帰って行ったんですよ。なんかMC陣の方もいつもより回って、そういうことが起きて面白いんですよね。

――そうすると、ジャーニーの人選は"偏屈度"を重視する部分もあるんですか?

思いやこだわりが強すぎると偏屈になりがちになるので、おのずとそうなりますね。名誉とかお金が欲しいとか、そういう動機じゃなくて、「誰も見たことないものを一番最初に見たくて…」みたいな方になってくるんです。

――滝沢秀明さんは「この番組は旅人の温度を伝えてくれる」と言っていましたが、それを伝えるために、意識していることはありますか?

全体的に言えることは、ジャーニーの人と文化に対するリスペクトがあるので、そこの意識をちゃんと持ってやっていると、おのずと温度が伝わるものになってるんじゃないかなと思います。他の番組でクレイジージャーニーが出て、ちょっとイロモノっぽい感じになっちゃった人もいたりするんですけど、この人がなぜこれに打ち込んでいて、何がしたくて何に喜びを感じているのかっていうところを描きたいと思っているので、そうすると熱も伝わるんだと思います。

●番組タイトルで警戒される…
――今でこそ『クレイジージャーニー』という番組名は知名度も広がっていますが、最初は警戒されることもありませんでしたか? ジャーニーの方は「俺、クレイジーなのか?」みたいな。

本人たちはやはり自分をクレイジーだと思ってないんですよ。僕が話をすると、「確かに、周りからクレイジーって言われるわ、へへへ(笑)」みたいな感じなので、取り立てて問題はないのですが、困るのは外国で取材申請するときですね。「リングリングサーカス」っていう今はなき世界一のアメリカのサーカスで活躍していた日本人を取材する時に、タイトルが『クレイジージャーニー』ということで警戒されました(笑)。褒め言葉で言ってるんですけど、伝わらないですよね。ゴンザレスさんがミギンゴ島というところに行く際の取材申請でも「ヤバい旅人じゃないんですよ」と説明するときはドキドキしました(笑)

――やっぱり(笑)。もともと旅がお好きだということですが、ご自身がロケに行きたいという気持ちはあるんじゃないでしょうか?

はい、本当は全部行きたいですからね(笑)。基本的にジャーニーと最初に会って"クレイジー具合"を見てるんですけど、そこでいろいろ話を聞くと、もうワクワクします。でも、そこをグッと抑えてますけどね。

――他局ですがナスDみたいな人もいますが…。

あれはすごいパターンだと思います。世界を旅する番組がいっぱいある中、新しい演出手法ってそんなにないんと思うんですが、演者を静止するはずのスタッフが一番イケイケになっちゃうっていうすごい斬新なパターンですよね。

――ナスDに感化されて自分も…ということはないですか?

いやいや、ないです(笑)。やっぱり出る人たちってすごいと思いますし、ましてや作り手で出るなんて、とてもじゃないけどそんな能力、僕にはないですから。だから、ナスDもそうですが、僕はヘイポーさん(『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』アドバイザー・斉藤敏豪氏)もすごいと思っているんです。作る側なのに超面白いじゃないですか(笑)
○刺激的な画もリスペクトの気持ちで

――横井さんの人となりも伺っていきたいのですが、入社されて最初から制作ですか?

そうです。バラエティ志望で入ったんですけど、1年目はドラマで、田村正和さんと黒木瞳さんの『夫婦。』や、市原隼人さんと綾瀬はるかさんの『あいくるしい』で末端のADをやって、バラエティに移って『学校へ行こう!』にADから入ってディレクターになり、番組終了までやりました。何が起こるか分からないロケが楽しいというのは、そこで学びましたね。それから、ダウンタウンさんが大好きだったので、念願だった『リンカーン』に入って、お2人との打ち合わせは刺激的かつ楽しくて仕方なかったです。面白いものを作るということに対するストイックさは、それこそ"クレイジー"なので、企画を見せるのはやっぱり怖かったですけど、そういう姿勢が勉強になったし刺激になったし、直接会話してやり取りするということが楽しくてしょうがなかったですね。

――そんな横井さんが、今後作ってみたい番組はどんなものですか?

好きなことをうまく番組にしたいなって思っているので、自分の好きな「歴史」をうまくエンタテインメントにして面白く見られるような番組を作りたいというのを、すごく考えています。いろんな時代に眠っているカッコいい話とか逸話とか、男気とか裏切りとか、そういうのをバラエティでやりたいですね。『クレイジージャーニー』の、「難しいテーマの回」でも少し笑えるよう工夫して、松本さんたちが驚いてるから見てみようという人たちが出ることを狙っているので、バラエティにすることによって、間口を広げるイメージです。

――最近のテレビは規制が厳しくなったと言われる中、危険地帯にも果敢に臨む『クレイジージャーニー』をやっている横井さんも、そういう傾向は感じますか?

はい、変化が早過ぎるなと思いますね。前はOKだったものが、急にダメになるということが多くなってると思います。でも、その中でやらなければならないものもあると感じています。

――そんな中で、例えば『クレイジージャーニー』で紹介された「ボディサスペンション」は、このご時世になかなか刺激的な画でした。

そうですよね。でも、そこは文化だから否定するのはおかしいという正義なんです。あれを見て不快に思う人は多いかもしれないけど、そういうことに情熱を持っている人たちがいるということを伝えたいというリスペクトの気持ちがあるんです。

――ご自身が影響を受けたテレビ番組を1本挙げるとすると、何ですか?

『電波少年』(日本テレビ)ですね。ヒッチハイクの旅で有吉弘行さんが、お金がなくなってお寺に入って、一緒に托鉢に回るというシーンを強烈に覚えてるんです。世界の日常にこんなことがあるんだと衝撃的で、そこから海外旅行に目覚めました。何十カ国も旅して、今も路地の裏を覗いてみたりして、それが『クレイジージャーニー』につながっています。

――いろいろお話を聞かせていただき、ありがとうございました。最後に、気になっている"テレビ屋"をお伺いしたいのですが…

『家、ついて行ってイイですか?』をやってるテレ東の高橋弘樹さんが作るものはいつも面白いですね。作り手の色、個性を感じるものばかりで、それは高橋さんが一番面白いと思ってることをちゃんと形にしていて、それがエンタテイメントとして面白いからすごく勉強になります。『ジョージ・ポットマンの平成史』で、狭い特定の歴史をテーマにするというのは、僕もやってみたかったことでもありますし、『家、ついて行ってイイですか?』も、テレビは人が見たことのないものを見せるという気持ちでやっている中で、一番身近にあったのが「他人の家」だということに「なるほど!」ってなりました(笑)
(中島優)

画像提供:マイナビニュース