VUILD株式会社ヴィルド。以下、VUILD)は、孫泰蔵氏が率いるMistletoe株式会社および不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULLを引受先とした第三者割当を実施し、2018年1月26日付けで1億円を調達しました。
VUILDは、「デジタル建築技術を地域に分散することで、もが『建築家大工』になることができる世界を作る。」ことをビジョンに掲げ、昨年11月に事業を開始しました。「」「製材所」「設計者」「木工職人」と高度に専門分化している現在の職種を、デジタル技術を活用することで間口を広げ職を統合することで、生活に必要な日用品・具・建築物を、好きな時にその都度その場所で、自分ので作る事ができる世界を実現します。


今後VUILDでは、今回の資調達を契機に、中山間地域へのShopbot(※)の導入を加速させ、2020年までに全100か所の拠点開発を行います。同時に、でも簡単に設計を行うことができるような「デザインツールの開発/提供」、でも木製品の製作が出来る「研修プログラムの開発/実施」など、積極的に事業を展開していきます。

これらが開発され他拠点展開することによって、豊富な森林の六次産業化や、修を促進し、地域資に立脚した新しい雇用の創出など、地方創生に大きく貢献します。

※「Shopbot」とは米国産3軸CNCコンピュータ数値制御)切削機械450万円~500万円程度で購入可な高性木工機械である。

【VUILD株式会社について】
VUILDヴィルド)株式会社は、デジタルファブリケーション技術を活用した設計施工を行う建築テック系スタートアップです。
パーソナルコンピュータに代表されるテクノロジー民主化は、個人のを拡し、専門分化した職を統合しつつあります。私たちは、500万円以下のデジタル建築技術を地域に分散し民主化することで、もが「建築家大工」になることができる世界を実現します。
具体的には、デジタル加工技術を中山間地域に導入することで、大きな体制に支配されない「小さな経済圏」を確立していきます。この小さな生産圏の協働によって、中央集権近代産業をえた、分散の新しい建築産業の創出をします。
誕生する新しい産業基盤は、で透明な市場を展開し、災害時にはレジリエントに機する防災基盤となり得るでしょう。また、分散化によるオンデマンド生産は、森林を有する地域経済を活性化し、地域住民の生活コストの低減をもたらすでしょう。
最終的には、生活に必要な日用品・具・建築物を、好きな時にその都度その場所で、自分ので作る事ができる。そんな、「生き活きとした未来の暮らし」を実現したいと考えています。

設立:2017年11月21日
住所:東京都港区青山二丁9番5号スタジアムプレイ青山7F
代表取締役秋吉浩気

プロフィール秋吉浩気)】
アーキテクト/メタアーキテクト。1988年大阪府生まれ。芝浦工業大学工学部建築学科にて建築設計を専攻。慶應義塾大学ソーシャルファブリケーションラボにてデジタルファブリケーションを専攻。建築設計・デザインエンジニアリングソーシャルデザインなど、モノからコトまで幅広いデザイン領域をカバーする。

配信元企業:VUILD株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ