レゴランドジャパン社は2月8日テーマパークレゴランドジャパン」の隣接地に4月15日オープン予定の水族館シーライフ名古屋」の詳細を発表した。ネットではくも疑問や不満のが上がっている。

シーライフ名古屋」はレゴブロックに囲まれながら「見て、さわって、学べる」体験水族館。施設内や水槽には、日本オリジナルの装飾レゴモデルがいたるところに配置され、生き物たちとレゴブロックとのコラボレーションを楽しめる。

館内はテーマごとに11のゾーンが存在。竜宮城を訪れる浦島太郎おとぎ話世界を再現したゾーンをはじめ、エイが泳ぐ熱帯の生き物に触ることができるゾーンなど、バラエティ豊かな展示や体験を楽しむことができる。ほかにもワークショップレンジャー・ミッション・パック、バックヤード体験ツアーなどが催される予定だ。

子どもたちが生物に触れたり、生態について学んだりすることで、興味をもつきっかけとなる施設をすという「シーライフ名古屋」。入場料は大人1900円、子ども1500円、レゴランドとのセットは7400円となっている。

Twitterでは、

“すぐ近所に名古屋港水族館があるのに…”
“わぉ…名古屋港もあるのに…これレゴランドと共倒れしないかしら…”
めて調べてみると、思った以上に両者近いな!?名古屋港水族館シーライフ名古屋で18分て。”

とすでに水族館は充足しているという摘があった。さらに、

“ちょっと子供が高いよ。レゴランドと一緒でお客さんなかなか来なくなっちゃうよ”
大人1900円は高い様な。レゴランドの料も高いと言われているのに。”

と料面での不満も上がっている。

レゴランドジャパン社は「レゴランドジャパンホテル」内に「シーライフ名古屋」を併設し 、これによりテーマパークレゴランドジャパン」は 4月28日に「レゴランドリゾート」として生まれ変わる。その玉が「シーライフ名古屋」となるわけだが、近隣(約9km)に名古屋港水族館があるだけに、地元民を中心に困惑が広がっているようだ。
山中一生)

■関連リンク
シーライフ名古屋
https://www.visitsealife.com/japan/