14日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=107円台後半での小幅な値動きとなった。米国の消費者物価指標の発表を控え、投資家が積極的な取引を見送っている。午前11時現在は107円67~67銭と前日比08銭の円高・ドル安。