FC東京は14日、2018シーズンのキャプテンと副キャプテンが決定したと発表した。

 キャプテンに就任したのは、韓国代表DFチャン・ヒョンス。現在26歳の同選手は2012年から2013年までFC東京でプレーした後、中国の広州富力へ移籍した。そして昨年7月、完全移籍加入でFC東京に復帰。明治安田生命J1リーグでは11試合出場2得点を記録した。

 また、副キャプテンにはDF太田宏介とMF橋本拳人が就任。長谷川健太新監督の下、新シーズンに臨む。なお、今月24日の明治安田生命J1リーグ第1節では浦和レッズをホームに迎える。

昨年7月にFC東京へ復帰したチャン・ヒョンス [写真]=Getty Images for DAZN