4月20日開の映画レディ・プレイヤー1』から、日本版の予告編とポスターが解禁された。

レディ・プレイヤー1』は、アーネストクライン原作ベストセラSF小説ゲームウォーズ』の実写映画化作。スティーブン・スピルバーグ監督が『A.I.』以来 16年ぶりにワーナー・ブラザースタッグを組んだ作品でもある。同作では、西暦2045年を舞台に、オタク高校生ウェイド(タイ・シェリダン)が、仮想ネットワークシステムOASISオアシス)”に隠されたを解き明かそうとする物語が描かれる。

これまで開されてきた同作の映像には、『機動戦士ガンダム』『AKIRA』『ストリートファイター』といった日本アニメ・ゲーム、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』や『キングコング』といった映画キャラクターガジェットが多数登場するなど、仮想ネットワークシステムOASIS”の壮大な世界観が話題となっていた。


解禁されたUS版ポスターには、同作の世界観を広げる新たなキャラクターや登場人物などが登場。“連邦の白い悪魔”ことRX-28-2ガンダムや、アイアンジャイアントが大きくフィーチャーされているほか、『バック・トゥ・ザ・フーチャー』のタイムマシンデロリアンアニメカウボーイビバップ』の主人公スパイク・スピーゲル機ソード・フィッシュと思しき機体などもはっきりと確認できる。また、主人公ウェイドとともに冒険を繰り広げるヒロイン・サマンサ(オリビアクック)や、日本人キャラクターダイトウ(森崎ウィン)そして、“OASIS”の乗っ取り論むノーラン・ソレント(ベン・メンデルソーン)などの姿も。

予告編には、ウェイドが“OASIS”の世界に足を踏み入れるようすや、その裏で動きだすノーラン・ソレントらの企み、そしてキングコングガンダムアイアンジャイアント、『チャイルド・プレイ』のチャッキーなどが繰り広げるしい戦いなど、壮大なスケールの冒険を匂わせる映像が満載。ウェイドたちとさまざまなキャラクターが、どんな関わりを持っていくのか注だ。

レディ・プレイヤー1』は2018 年 4月20日()全ロードショー

作品情報