メルカリのグループ会社 ソウゾウは、オンデマンドシェアサイクルサービス「メルチャリ」を2月27日(火)より福岡市内にて開始する。

【大きい画像を見る】メルカリ、個人と地域が運営を行うシェアサイクルサービス「メルチャリ」を福岡で開始


「メルチャリ」は、個人と地域が参加型で運営する新たなシェアサイクルサービスだ。地域の民間企業に加え、個人宅・店舗の軒先などをポート(駐輪場)として提供してもらい、街に多くのポートを設置。いつでもどこでも、乗りたいときにすぐ自転車を利用できるサービスを目指す。

自転車のレンタル、返却は専用スマートフォンアプリから行う(iOS版のみ先行提供)。自転車にはGPSを内蔵。常時自転車の駐輪場所を把握すると同時に、カスタマーサポートによる監視と対応を365日実施する。また、地域の民間企業と連携し、 サポートトラックが放置・違法駐輪の自転車や故障車を移動・回収し、各ポートを常に最適な状態に保つ。

さらに、ユーザー同士が運営を助け合うような仕組みを提供。ユーザーに、メルチャリ内で貯まるマイルやメルカリポイントを、放置・故障自転車の報告や移動などのアクションに応じて付与する。アクション履歴やマイルの累積状況は、アプリ上で随時確認できる。

第一弾導入都市となる福岡市では、博多、天神、ウォーターフロントのエリアを中心にサービスを展開。開始時点でのポート数は50、設置自転車は400台以上を予定。夏頃までに、エリアの拡大と2,000台程度の自転車の投入を行う予定だ。導入地域は、今後拡大していく。【ほかの画像を見る】メルカリ、個人と地域が運営を行うシェアサイクルサービス「メルチャリ」を福岡で開始
メルカリ、個人と地域が運営を行うシェアサイクルサービス「メルチャリ」を福岡で開始