レディース ストリート ウエア ブランド「X-girl(エックスガール)」は、 オフィシャルオンラインストア「calif(カリフ)」の11周年を記念した限定アイテムを2/14(水)より発売致します。


特設サイト: http://calif.cc/s/180214XGI_11TH/


カートゥーン ネットワークの人気アニメ「The Powerpuff Girls(パワーパフ ガールズ)」との初となる

コラボレーションでは、90sの雰囲気が漂うリンガーTシャツ、アニメのタイトルとリンクしたX-girlの

ロゴがプリントされたフーディー、スマートホンリングの3型を展開します。

さらに、同時発売で、NY発のバッグブランド「Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)」との

コラボレーションバッグ2型を発売します。

両ブランドのロゴを組み合わせたメッセンジャーバッグと、2WAYで使用出来るショルダーバッグの

2型を展開。


本コラボアイテムは、オンラインストア「calif(カリフ)」及び、X-girlの各店舗にて展示・販売します。

また、店頭で、パワーパフ ガールズコラボのアイテムをご購入のお客様には、先着でオリジナルステッカーをプレゼントいたします。


■X-girl x PPG RINGER S/S TEE

¥5,500+tax


■X-girl x PPG SWEAT HOODIE

¥11,000+tax


■POWERPUFF GIRLS SMARTPHONE RING

¥1,800+tax


■X-girl x Manhattan Portage MP1605JR

¥11,000+tax


■X-girl x Manhattan Portage MP7305Z
¥8,000+tax



X-girl(エックスガール)について

1994年夏、SONIC YOUTHのキム・ゴードンが、友人でもありXLARGE(R)のショップスタッフでもあったデイジー・ヴォン・ファースと共に立ち上げました。

1991年に立ち上がったXLARGE(R)に携わっていたBEASTIE BOYSのマイク・Dが、以前から交流の合ったキムに声を掛けたのがきっかけです。

キムとデイジーの着たい服、つまり彼女達のリアルクローズ的なアイテムをX-girlとして打ち出すと共に、グラフィックやデザインを落とし込んだアイテムを展開し、「GIRL’S MOVEMENT」の先駆者としてファッション業界だけでなく音楽やアートも巻き込んだレディースストリートブランドとして、注目を浴びました。

X-girlのロゴデザインは、映像作家・グラフィックデザイナーであるマイク・ミルズが手掛け、その後も彼はTシャツやポスターなどのデザインも担当しブランドとの関わりを深めました。X-girlのシンボルとも言えるフェイスロゴのグラフィックもマイク・ミルズによるデザインで、彼の友人でアーティストでもあるミッシェル・ロックウッドがモデルとなっています。

同年ロサンゼルスのロス・フェリッツに第1号店がオープン。更にニューヨークのソーホーにて、ストリートの女の子をハントしモデルとしてランウェイを歩かせ、X-girl初のゲリラストリートファッションショーも行われました。プロデューサーにソフィア・コッポラとスパイク・ジョーンズを迎え、当時X-girlの顧客でもあったクロエ・セヴィニーやミッシェル・ロックウッドもモデルとして参加していました。

そうしてブランドをスタートさせたX-girlは現在も、音楽、カルチャー、スポーツ等のストリートシーンから様々な要素を取り込み、「REAL GIRL’S CLOTHING」を テーマに掲げ、BASICで飽きのこないアイテムを時代の変化に合わせながら“リアルな女の子のストリートスタイル”として提案し続けています。

配信元企業:株式会社ビーズインターナショナル

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ