平昌冬季五輪第6日は14日、スノーボードの男子ハーフパイプ決勝があり、前回の14年ソチ五輪銀メダルの平野歩夢(19)が銀メダルを獲得した。2大会連続のメダルで、スノーボードの日本勢として初めて複数のメダルを手にした。平野は「ちょっと悔しさは残っているけど、全力でやれたのかなと素直に思う」と話した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

【平昌五輪】スノーボード男子ハーフパイプで2位になり、表彰式で唇をかむ平野歩夢=フェニックス・スノーパークで2018年2月14日、山崎一輝撮影